音楽座ミュージカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

音楽座ミュージカル(おんがくざミュージカル)は、日本ミュージカル劇団

概要[編集]

演技と音楽とダンスが一体になるミュージカルを生演奏で上演することを目指して1987年創設。オリジナルミュージカルを提供し続け、数々の賞を受賞するなど高い評価を得た。1996年に解散するが、何公演かプロデュース公演後、2004年に再結成され活動を再開。

“音楽座ミュージカル”は“劇団音楽座”と歴史上繋がっていることで、同じものだと誤解されることが多いが、主催者・思想・作品などすべてが明らかに違い、この2つはまったく違う劇団。 脚本・演出に表記されている「ワームホールプロジェクト」と呼ばれる創作システムが大きな特徴。また、再演の度に脚本・演出・音楽・振付などすべての見直しを行い、毎回キャストオーディションを実施するという独自のスタイルを築く。 「ワームホールプロジェクト」は音楽座ミュージカルの創作システム。アーティスティックディレクターを中心として、脚本、演出、音楽、振付、美術、衣裳、照明など、各専門分野を担うプロデューサーとプランナー及びキャストで、作品ごとに構成。 このプロジェクトの最大の特徴は、作品のクオリティアップのため、変化することに対して積極的であるということ。それぞれのスタッフが専門分野だけでなく、作品全体の成立に向けて行動する。個々が抱く作品イメージのズレは、徹底的に議論しあい、単純な二者択一ではなく、異なるイメージをぶつけあうことで生みだされた「第三の選択」が作品を次の段階へ進化させていく。アーティスティックディレクターが作品創作におけるすべての最終責任を担う。

Rカンパニー[編集]

Rカンパニー(アールカンパニー)は、2004年4月に結成された、音楽座ミュージカルの創造母体。「R」の文字には Revolution、Relation、Responsible、Run、Roots などの想いがつめ込まれている。音楽座ミュージカルの作品はRカンパニーのメンバーを中心に上演され、自分たちの目指す作品を継続的に上演していくために、メンバーひとりひとりが創作、運営、マーケティングを担っていく形式である。

歴史[編集]

  • 1977年 劇団音楽座旗揚げ。
  • 1987年 株式会社ヒューマンデザインにより「音楽座ミュージカル」結成。
  • 1988年 音楽座ミュージカル第1回作品として『シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ』を初演。
  • 1995年 フランスの作者遺族会およびガリマール社より、アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説「星の王子さま」の世界で唯一の独占ミュージカル化権を獲得(しかし、その後、同小説は2005年に日本での著作権の保護期間が満了となった)。
  • 1996年 解散
  • 1997年 有志「音楽座ミュージカルを上演する会」の企画、ヒューマンデザイン他の主催・製作により、2000年まで、計3作品をプロデュース公演として再演。
  • 2000年 TBSホリプロがトリビュート音楽座ミュージカル「星の王子さま'95」『星の王子さま』を上演。
  • 2000年 新作『メトロに乗って』をプロデュース公演として上演(企画:ヒューマンデザイン、主催・製作:ヒューマンデザイン他)。
  • 2004年 再結成

主な作品[編集]

ヒューマンデザイン設立前[編集]

  • おとぎばなし (1977年)
  • 情話大江戸恋泥棒 (1997年)
  • SHOW マハゴニー (1978年)
  • 英雄(ヒーロー) (1978年)
  • ヴェローナ物語 (1978年、1981年、1984年、1987年)
  • 森林幻想曲 (1979年、1983年、1987年)
  • 小林さん宅のお引っ越し (1979年)
  • 月の小鳥たち (1979年)
  • 組曲楽園 (1980年、1984年、1986年)
  • 兵士の物語 (1980年、1986年)
  • さよならゲーム (1980年)
  • 闇夜の祭り (1981年)
  • 現代ウソップ物語 (1981年)
  • バイ・バイ・メモリー (1982年)
  • 覗きからくり遠眼鏡 (1983年、1985年、1988年)
  • 貴婦人故郷ニ帰ル (1984年)
  • コカ・コー笑 (1985年)
  • 夢の降る街 (1987年、1988年 - 1989年)
  • 昨日からの贈り物 (1987年)

ヒューマンデザイン設立後(音楽座ミュージカル)[編集]

主な所属俳優[編集]

プレメンバー[編集]

かつて所属した主なメンバー[編集]

受賞歴[編集]

  • 1990年 第45回文化庁芸術祭賞(とってもゴースト)
  • 1990年 第40回芸術選奨文部大臣新人賞(土居裕子 - シャボン玉とんだ宇宙までとんだ)
  • 1991年 第25回紀伊國屋演劇賞 個人賞(横山由和 - シャボン玉とんだ宇宙までとんだ、とってもゴースト)
  • 1994年 第28回紀伊國屋演劇賞 団体賞(音楽座 - アイ・ラブ・坊っちゃん、マドモアゼル・モーツァルト、とってもゴースト、シャボン玉とんだ宇宙までとんだ)
  • 1994年 第49回文化庁芸術祭賞(リトル・プリンス)
  • 1994年 第1回読売演劇大賞
    • 優秀作品賞(アイ・ラブ・坊っちゃん)
    • 優秀女優賞(土居裕子 - アイ・ラブ・坊っちゃん、星の王子さま)
  • 1994年 第4回グローバル舞台賞(音楽座、今津朋子 - 泣かないで)
  • 1995年 第2回読売演劇大賞
    • 優秀作品賞(泣かないで)
    • 優秀女優賞(今津朋子 - 泣かないで)
    • 最優秀スタッフ賞(朝倉摂 - 泣かないで)
    • 優秀スタッフ賞(服部基 - 泣かないで、ホーム)
    • 優秀男優賞(佐藤伸行 - ホーム)
  • 1996年 第3回読売演劇大賞
    • 優秀女優賞(土居裕子 - アイ・ラブ・坊っちゃん、星の王子さま)
    • 優秀スタッフ賞(室伏生大 - 星の王子さま)
  • 1997年 第4回読売演劇大賞
    • 優秀作品賞(マドモアゼル・モーツァルト)
    • 優秀女優賞(土居裕子 - マドモアゼル・モーツァルト)
    • 優秀スタッフ賞(小室哲哉 - マドモアゼル・モーツァルト)

(参考)プロデュース公演時の受賞

  • 1998年 第5回読売演劇大賞
    • 優秀作品賞(泣かないで'97)
    • 優秀女優賞(今津朋子 - 泣かないで'97)
    • 優秀スタッフ賞(服部基 - 泣かないで'97)
  • 1999年 第6回読売演劇大賞 優秀スタッフ賞(室伏生大 - 星の王子さま'98)
  • 2006年 第31回菊田一夫演劇賞(21C:マドモアゼル モーツァルト/新妻聖子)
  • 2007年 第26回照明家協会優秀賞(リトル・プリンス)
  • 2008年 第10回東京芸術劇場ミュージカル月間優秀賞(リトル・プリンス)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 月刊『ミュージカル』1992年5月号、ミュージカル出版社
  • 『M:Ongakuza Musical Memorial Book』ヒューマンデザイン、1996年

外部リンク[編集]