音楽の泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
音楽の泉
ジャンル 音楽番組クラシック音楽
放送方式 収録
放送期間 1949年9月11日 - 継続中
放送時間 日曜 8:05 - 8:55
放送局 第1NHKワールド・ラジオ日本
パーソナリティ 皆川達夫
歴代パーソナリティは該当項目参照
テーマ曲 シューベルト楽興の時第3番ヘ短調(D.780-3)
テンプレートを表示

音楽の泉』(おんがくのいずみ)は、NHKラジオ第1放送 、及び NHKワールド・ラジオ日本で放送されるクラシック音楽の専門番組である。

概要[編集]

1949年9月11日に第1回が放送された。静かな休日の朝をクラシック音楽とともに過ごすという考え方で、半世紀以上クラシック音楽を専門に扱う。NHKラジオのクラシック番組は基本的にFMで放送されるが、音楽の泉は数少ない中波の番組である(日本のFM放送が始まったのは1960年代)。番組の再放送はない。

放送時間は、ラジオ第1放送とNHKワールド・ラジオ日本は毎週日曜日8:05 - 8:55である[1]。2011年4月から2013年3月まではFM放送でも毎週土曜日6:00 - 6:50にステレオで放送された。

テーマ曲[編集]

番組テーマ(オープニング 及び エンドテーマ)曲はシューベルト作曲の『楽興の時第3番ヘ短調(D.780-3)』である。当初は中田一次編曲の室内アンサンブルで演奏されたが、長らくエミール・ギレリスのピアノ演奏が使われてきた。このことにちなみ、アルフレート・ブレンデルの演奏がラストに参照されたことも1980年代にあった[2]が、現在はアンドラーシュ・シフ演奏のものが使用される。

テーマ曲と共にアナウンスされる「音楽の泉の時間です。お話は(解説者名)さん」の声は女性アナウンサーである。 現在は広瀬修子元アナウンサーにより、「音楽の泉、お話は皆川達夫さんです」とアナウンスされている。

解説(進行役)[編集]

解説者は初代(1949年 - 1959年)堀内敬三、2代目(1959年 - 1988年、最長)村田武雄に次いで、1988年以降は3代目の皆川達夫が担当する(2016年現在)。

エピソード[編集]

番組初期は生放送であった。SP盤時代は、1曲がレコードの2面以上にわたることがあり、2台の再生機を用意して曲を聴きながらディレクターが生で繋いだ。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 但し、ラジオ第1放送は高校野球中継などにより休止になることもある。地方大会の場合は一部地域のみ休止。全国大会のときは国際放送も含めて休止。なお、2012年12月30日も8:05から約4時間かけて「歌の日曜散歩」の年末スペシャルを放送するため「日曜討論」共々休止となった。
  2. ^ 村田武雄の担当の終了時に、誰の演奏なのかが頻繁に質問されることにちなみ、改めてアナウンスされた。

関連番組[編集]

外部リンク[編集]