韓徳銖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮の政治家
韓 徳銖
한 덕수
生年月日 1907年2月18日
出生地 大日本帝国の旗 朝鮮 慶尚北道慶山郡安心面東湖洞
没年月日 2001年2月21日(満94歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都
所属政党 朝鮮労働党の旗 朝鮮労働党
称号 金日成勲章、金日成賞
共和国労力英雄称号、祖国統一賞
国旗勲章第1級、自由独立勲章
共和国創建記念勲章、総聯結成記念勲章
親族 金炳植(義弟)

当選回数 7回
在任期間 1967年11月 - 2001年2月21日
最高指導者 金日成1948年 - 1994年
金正日(1994年 - 2011年

その他の職歴
朝鮮民主主義人民共和国の旗 初代在日本朝鮮人総聯合会
中央常任委員会議長

1958年5月 - 2001年2月21日)
テンプレートを表示
韓 徳銖
各種表記
ハングル 한 덕수
漢字 韓 徳銖
発音: ハン・ドクス
日本語読み: かん とくしゅ
ローマ字 Han Duck
英語表記: Han Duck
テンプレートを表示

韓 徳銖(ハン・ドクス、한 덕수、1907年2月18日 - 2001年2月21日)は、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)の初代議長。朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)最高人民会議代議員を務めた。

経歴[編集]

1907年朝鮮慶尚北道生まれ。1927年声楽家を目指して来日本に渡り、1928年日本大学に入学。退学後は丹那トンネルの労働運動に参加し逮捕され、懲役2年執行猶予3年の判決を受ける[1]1934年には朝鮮人労働者のストライキを指導したため再び逮捕され、以後十数回に渡り逮捕された。

第二次世界大戦後の1945年10月15日、新たに結成された在日本朝鮮人連盟(朝連)に参加し、直後の第1回中央委員会において総務部局長に選出された[2]が、GHQから公職追放を受ける。1949年6月27日、北朝鮮において統一戦線組織・祖国戦線が結成されると、翌28日には朝連代表として中央委員に選出された[3]

1955年5月25日、北朝鮮の海外団体である在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)が結成されると、6名の議長団の1人に選出されるとともに[4]、翌27日の第1回中央委員会において中央常任委員に選出された[5]1956年5月の第2回全体大会および1957年5月の第3回全体大会において議長団の1人として留任[6]

1958年5月の第4回全体大会において議長団が解体され、新たに議長・副議長制が導入されると、韓は単一の議長に選出され、権力を集中させた[7]。以後、2001年に死去するまで中央委員会議長を務め、日本各地に朝鮮学校を開設して在日朝鮮人の生活の向上に努めた。

1967年には北朝鮮の最高人民会議代議員に選出[1]1994年7月の金日成国家主席死去時には平壌に滞在して国家葬儀委員として金日成の葬儀に参列した。

2001年2月21日、肺炎のため死去[1]。死去に際し、金永南最高人民会議常任委員会委員長が弔意を表明し、3月3日に行われた葬儀には森喜朗内閣総理大臣から弔花が贈られた他、鳩山由紀夫土井たか子志位和夫中山正暉ら日本の政治家が多数参列した[8]

人物[編集]

朝鮮総連議長として在日朝鮮人の愛国運動に貢献した功績から北朝鮮からは厚遇されていた。金日成の葬儀の際は、葬儀委員会の序列4位に挙げられた。また、日本の政治家とも太い人脈があった。

権力欲が強く、義弟の金炳植第一副議長が朝鮮総連を私物化し自身の地位を脅かすようになると、金日成に要請し金を失脚させている[9]

韓の死後、北朝鮮における朝鮮総連の影響力は低下した[10]が、2011年には、在日朝鮮人企業を北朝鮮に誘致することを目的に韓の10周忌追悼会を開催するなど、韓個人の影響力は残っている[11]

参考文献[編集]

  • 朴正鎮『日朝冷戦構造の誕生 1945~1965 - 封印された外交史』平凡社、2012年

脚注[編集]

  1. ^ a b c “朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議代議員、2重労働英雄”. http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2001/2/0226/81.htm 2015年4月1日閲覧。 
  2. ^ 朴(2012年)、36ページ
  3. ^ 朴(2012年)、47ページ。
  4. ^ 朴(2012年)、159ページ。
  5. ^ 朴(2012年)、160-161ページ。
  6. ^ 朴(2012年)、173・180-181ページ・。
  7. ^ 朴(2012年)、269-271ページ。
  8. ^ “故韓徳銖議長の告別式”. http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2001/3/0307/81.htm 2015年4月1日閲覧。 
  9. ^ “朝鮮総連への「ガサ入れ」”. 辺真一の「コリア・レポート」. (2007年4月26日). http://www.the-journal.jp/contents/pyon/mb/post_58.html 2015年4月1日閲覧。 
  10. ^ “「祖国が変わった」総連議長 不満吐露”. デイリーNKジャパン. (2014年12月11日). http://dailynk.jp/archives/30448 2015年4月1日閲覧。 
  11. ^ “朝鮮総連初代議長の10周忌、北朝鮮で盛大に開催”. 聯合ニュース. (2011年2月22日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/02/22/0200000000AJP20110222002400882.HTML 2015年4月1日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
-
朝鮮民主主義人民共和国の旗在日本朝鮮人総聯合会
中央常任委員会議長
初代: 1958年 -2001年
次代:
徐萬述