新郎扱い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
韓国の新郎いじめから転送)
移動先: 案内検索
新郎扱い
各種表記
ハングル 신랑다루기
漢字 新郞다루기
発音 シルランダルギ
日本語読み: しんろうたるぎ
2000年式
MR式
Sillang-darugi
Sillang-taruki
テンプレートを表示

新郎扱い(しんろうあつかい、신랑다루기[1]は、新郎を集団でいじめ大韓民国の伝統的な風習である。

結婚式の後で新郎が新婦の家に初めて行った時に、新婦の親戚や近所の人達が集団で新郎を取り囲み、肉体的精神的ないじめを行う。地方によって、いじめ方が違う[2]が、次のようないじめが行われる。新郎の足首を縛って、逆さ吊りにして、棒で足の裏を殴り続ける[2][3]。ひどい場合には、殴られた新郎は歩くのが難しくなることもある[2]。また、新郎に漢詩を作れと強要し[3]、下手だとケチをつけて馬鹿にする[2]。新婚夫婦の性的な事を根掘り葉掘り問い詰めたり[2]、あれこれと質問責めにする[4]宴会の金を持ってこいと言う[2]。などのいじめが行われる。

そうするうちに、新婦の家で料理や酒を持ってくると、いじめをやめて宴会となる[2][3][4]。現代では披露宴の会場で質の悪いいたずらが行われることもある[4]。東床礼(トンサンネ/トンサンレ、동상례、とうしょうれい、Dongsangrye / Tongsangrye)とも言う[2][3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 韓国語の「신랑다루기」を直訳すると「新郎扱い」。日本語でいうかわいがりに類似する。
  2. ^ a b c d e f g h 신랑다루기韓国民族文化大百科
  3. ^ a b c d 신랑다루기ヤフー百科事典韓国版
  4. ^ a b c d 신랑 다루기ブリタニカ百科事典韓国版

関連項目[編集]