鞍手駅 (国鉄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鞍手駅
くらて
Kurate
古月 (3.4km)
(2.2km) 八尋
所在地 福岡県鞍手郡鞍手町大字新延
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 室木線
キロ程 7.2km(遠賀川起点)
電報略号 ラテ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1908年明治41年)7月1日
廃止年月日 1985年昭和60年)4月1日
テンプレートを表示

鞍手駅(くらてえき)は、かつて福岡県鞍手郡鞍手町大字新延に置かれていた、日本国有鉄道(国鉄)室木線廃駅)である。室木線の廃止に伴い、1985年(昭和60年)4月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

  • 1908年(明治41年)7月1日 - 国鉄の遠賀川駅 - 室木駅間(後の室木線)開業と同時に、新延駅(にのぶえき)として新設。一般駅
  • 1959年(昭和34年)10月1日 - 鞍手駅に改称。
  • 1974年(昭和49年)3月5日 - 貨物の取り扱いを廃止。
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 荷物の取り扱いを廃止。
  • 1985年(昭和60年)4月1日 - 室木線の全線廃止に伴い、廃駅となる。

駅構造[編集]

廃止時は、1面1線の単式ホームを有する有人駅であった。駅舎は、開業時に建てられたものが使われていた。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
室木線
古月駅 - 鞍手駅 - 八尋駅

関連項目[編集]