面積ブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

面積ブロック(めんせきブロック)は、配置された数字をもとに盤面を分割するペンシルパズルである。

このパズル自体はあまり掲載されていないが、多くの派生パズルを生み出している。

ルール[編集]

  • 盤面をいくつかのブロックに分ける。
  • 各ブロックには数字が1つ入る。
  • 数字はブロックの面積を示す。

歴史[編集]

面積ブロックはパズル通信ニコリ28号で発表された。作者の武井助義は、ポリオミノからこのパズルを発想した[1]

27号に四角に切れが掲載されていたことから、最初はその派生パズルと考えられていた。

このパズル自体はすぐに掲載されなくなったが、ぬりかべなど多くの派生パズルが生まれている。

派生パズル[編集]

囲いこみ・ふたりブロック
囲いこみはニコリ29号、ふたりブロックはニコリ72号に掲載。1つのブロックに入る数字が2つになっている。
ぬりかべ
ニコリ33号に登場。線の代わりに黒ますで盤面を分割する。
面積ブロックII
ニコリ35号に掲載。同じ面積のブロックは辺を共有しないというルールが追加された。フィルオミノの祖先とも考えられる。
タタミ面積ブロック
ニコリ37号に掲載。当時多く投稿されていた「タタミ」のルール(ブロックが幅1の長方形・線が十字にならない)と組み合わせられた。
フィルマット
ニコリ42号に「四色タタミ面積ブロック」の名前で掲載、のちに改名。上記のタタミ面積ブロックに面積ブロックIIのルールを組み合わせたもの。

脚注[編集]

  1. ^ 『オモロパズル大全集』P.12

参考文献[編集]