非接触温度計測

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

非接触温度計測(ひせっしょくおんどけいそく)は、物体表面から放射される赤外線エネルギー量を測定し、対象物に触らずに非接触で行う温度計測法である。サーモグラフィ放射温度計で測定できる。

また、熱自身が発生する輝きの色(色温度)をオングストローム単位で計測する光温度計もあり、窯や炉内など高熱源体の温度測定に使われ、理論上は何でも温度が測れる。

外部リンク[編集]