静岡県歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
静岡県歌

県民歌の対象
Flag of Shizuoka Prefecture.svg 静岡県

作詞 羽切喜三
県歌制定審議会(補作)
作曲 中田喜直
採用時期 1968年8月14日
言語 日本語
テンプレートを表示

静岡県歌」(しずおかけんか)は日本都道府県の一つ、静岡県が制定した県民歌である。1番の冒頭を取った「あけゆく朝[1]、もしくは1・2・3番の締めの部分を取った「われらの静岡県」と通称される場合もある。

作詞・羽切喜三、補作・県歌制定審議会、作曲・中田喜直

解説[編集]

静岡県歌
ボニージャックス伊藤京子シングル
A面 静岡県歌
B面 行進曲「あけゆく朝」
リリース
規格 シングル盤
ジャンル 都道府県民歌
レーベル キングレコード(NCS106)
作詞・作曲 作詞:羽切喜三
補作:県歌制定審議会
作曲・編曲:中田喜直
テンプレートを表示

1960年代に各地で県民歌の制定が相次いだことを背景に「県歌制定運動発起人会」が組織され、同会の陳情を経て歌詞の公募が実施された。1124編の応募作から富士市出身の羽切喜三が応募した歌詞が採用され[2]、制定審議会が「豊かさ、美しさ、力強さ」をテーマとして中田喜直に作曲を依頼し1968年昭和43年)8月14日に「県民すべての心を結ぶきずな」を制定意義とする本曲が制定された。制定に際し、ボニージャックス伊藤京子が歌唱するEP盤キングレコードにより製造されている。B面収録曲は行進曲あけゆく朝」。

1990年平成2年)に県民愛唱歌として「しずおか賛歌 富士よ夢よ友よ」が発表されて以降、本曲の演奏機会は減少しているが2007年(平成19年)に発売された『静岡かるた』では「し」の札が「静岡県歌 あけゆく朝」とされている[1]。なお、1964年(昭和39年)に制定された三重県民歌の歌い出しも静岡県歌と同様「明けゆく朝の」で始まる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 静岡県広報課が貸し出している非売品のカセットテープでは「静岡県歌 あけゆく朝」の表題が使用されている。
  2. ^ 中山裕一郎 監修『全国 都道府県の歌・市の歌』(東京堂出版2012年ISBN 978-4-490-20803-0 、240ページ。

外部リンク[編集]