半保護されたページ

青雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
青雲のうたから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

青雲(せいうん)は、株式会社日本香堂1965年より販売している線香のブランド名である。

沿革

  • 1965年 - 「毎日香」大ヒットの影響から孔官堂との関係が決裂。孔官堂から許諾を受けていた「蘭月」「仙年香」「松竹梅」等の全ブランドの販売権を返還。「青雲」を発売。当初は東日本を中心として販売していた。
  • 1981年 - 「青雲」の全国展開を開始。コマーシャルソングの「青雲のうた」が起用される。

製品

  • 青雲
    現在はあまり店頭では売られていない。
  • 青雲バイオレット
    現在の主力製品の一つ。
  • 青雲クリーン
    燃焼時に出る灰が少ない。
  • 青雲アモーレ
  • 青雲ゴールド
  • 青雲 黒
  • 沈香青雲
  • 青雲 赤
  • 青雲 紫
  • 青雲なごみ

青雲のうた

青雲のうた
森田公一楽曲
リリース1981年
ジャンルJ-POP
コマーシャルソング
時間30秒
作詞者伊藤アキラ
作曲者森田公一
その他収録アルバム

「青雲」のコマーシャルソングとして、1981年から放送されている楽曲[1]。当初のCMでは作曲者である森田公一が歌っていた[2]。その後1990年からは尾崎紀世彦[2]、2010年からは錦織健[2]、2020年からは林家たい平[3][4]が同曲をカバーするCMが放送されている。

森田版の音源は2007年発売のCD『心と耳にのこるCMのうた』や2010年発売のCD『GOLDEN☆BEST 森田公一 ヒット&シングルコレクション』に収録。

  • 作詞:伊藤アキラ、作曲:森田公一
    • 「青雲」のCMを制作した協同広告のクリエイティブディレクター(当時)・稲坂良弘が、伊藤と森田に依頼して制作された[5]

なお、お笑いコンビサンドウィッチマンのスピーチの練習というネタで、このCMソングのパロディが使われている。そのほか、埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手・川越誠司は本曲を2020年シーズンから登場曲として用いている[6]

CM

通常のCMでは、「青雲のうた」に乗せて連凧が登場している。

CM出演者

現在

過去

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 「ひげまろの昭和CMソングMEMORIES 青雲のうた(4)」、『デイリースポーツ』2012年9月14日付、21面、12版。
  2. ^ a b c 「ひげまろの昭和CMソングMEMORIES 青雲のうた(5)」、『デイリースポーツ』2012年9月15日付、25面、12版。
  3. ^ 『青雲の歌』10年ぶりのリニューアル!山田和樹氏 指揮、日本フィルの演奏をバックに林家たい平師匠 大熱唱の舞台裏を動画公開!、PRTIMES(株式会社日本香堂)、2020年2月14日 10時00分。
  4. ^ レコーディングの模様が、2020年3月26日の『笑点 特大号』で放送された。
  5. ^ 「ひげまろの昭和CMソングMEMORIES 青雲のうた(3)」、『デイリースポーツ』2012年9月13日付、21面、12版。
  6. ^ 森下知玲 (2020年6月10日). “【西武】川越誠司、「青雲」それは開幕アピール弾…山川が登場曲に選曲「意外と良かった」”. スポーツ報知 (報知新聞社). オリジナルの2020年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200610085114/https://hochi.news/articles/20200609-OHT1T50226.html 2020年6月10日閲覧。 

外部リンク

  • 心のケータイ…青雲のプロモーションの一環として、3行詩募集を行っているサイト。CFでも紹介され、テーマ曲は上述のさだまさしが担当。