青森県賛歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青森県賛歌

県歌の対象
Flag of Aomori Prefecture.svg 青森県

作詞 永沢与助
サトウハチロー(補作)
作曲 田中利光
採用時期 1971年9月23日
採用終了 例規上は存続しているが、2001年以降は実質封印状態とされている
言語 日本語
テンプレートを表示

青森県賛歌」(あおもりけんさんか)は、日本都道府県の一つ、青森県が制定した県民歌である。ただし、現在は実質封印状態となっている。

解説[編集]

青森県賛歌
立川澄人、くにたちカンマーコールシングル
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 都道府県民歌
レーベル ビクターレコード(PRA-10007)
作詞・作曲 作詞:永沢与助
補作:サトウハチロー
作曲:田中利光
テンプレートを表示

1971年昭和46年)の県政100周年記念事業として公募を実施し、採用された歌詞をサトウハチローが補作して同年9月23日の青森県政百年記念式典で最初の演奏が行われた[1]。表題が「青森県歌」でないのは、1958年(昭和33年)に『東奥日報』の創刊70周年を記念して作成された同名曲(作詞・北野明、補作・西條八十、作曲・明本京静)が存在するためとみられる。

ビクターレコード(現JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)が製造したシングル盤の歌唱者は立川澄人とくにたちカンマーコール。歌詞は1・2・3番とも前半は県内の歴史と自然を讃え、後半は労働の喜びを歌い上げる内容となっている。また「青森県賛歌」と併せて県民音頭青森りんご音頭」(作詞・作曲:小倉尚継)も同日に制定された[2]

2001年平成13年)に当時の木村守男知事が新たな「県民の歌」の制定を提唱し「青い森のメッセージ」が作成された。木村知事は当初「青森県賛歌」廃止に意欲を見せていたが(津軽選挙も参照)、県議会で異論が相次いだため「青森県賛歌」の廃止は見送られることになり、存続が決定した。そのため、例規集には現在も「青森県賛歌」制定の告示(昭和46年第777号)が掲載されているが[3]、県勢要覧や県民手帳からも平成12年版を最後に削除されており、実質「封印」状態とされているので秋田県における「秋田県民歌」と「県民の歌」のような対等に並立する関係とはなっていない。2012年(平成24年)に東京堂出版より刊行された『全国 都道府県の歌・市の歌』でも「青い森のメッセージ」のみが紹介されており「青森県賛歌」は完全に無視されている[4]

2011年(平成23年)に八戸市三沢市および南部町で開催された第66回冬季国体では、開会式の県旗掲揚に際して「青森県賛歌」が演奏された。現在でも県内で開催される民間の演奏会においては「青森県賛歌」が曲目に含まれる場合がある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 青森県百科事典(1981), p10
  2. ^ 大山(2002), p68
  3. ^ 青森県賛歌(青森県例規集)
  4. ^ ISBN 978-4-490-20803-0