青森市歴史民俗展示館 稽古館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青森市歴史民俗展示館 稽古館(あおもりしれきしみんぞくてんじかん けいこかん)とは、青森県青森市浜田玉川にあった歴史民俗系の博物館であるが、2006年平成18年)1月31日に閉館した。地域の生活や民俗文化を展示することを主眼にしていた。青森市民の間では「稽古館」と呼ばれていた。

概要[編集]

雪国の暮らし、生活用具、仕事用具、津軽のこぎんざし南部菱刺津軽塗、民間信仰アイヌ文様工芸などに特徴がある。民具民芸に関する展示は全国的に見ても充実している部類に入っており、アイヌタマサイなどのコレクションは北海道以外では最も優れた質量を誇っていた。稽古館にかかわりのある人物のひとりで、館長を務めた在野の民具研究家田中忠三郎は柳宗悦らの民藝運動の流れを汲んでいる。また、三内丸山遺跡出土品をはじめとする青森市の埋蔵文化財の展示室、そして青森空襲と戦後の復興についての展示室もあるなど、約1万6000点の資料が収蔵されていたが、2006年1月31日を以て閉館された。

施設の名称にある「稽古館」とは、江戸時代弘前城下に置かれていた津軽藩藩校の名称を継承するもの。学校としての稽古館は東奥義塾に名前を変えて現在に至っている。

利用案内[編集]

  • 開館時間:9:30~16:30
  • 休館日:毎週木曜日、年末年始

沿革[編集]

外部リンク[編集]