青梅消防署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

座標: 北緯35度47分20秒 東経139度17分1秒

青梅消防署.JPG

青梅消防署(おうめしょうぼうしょ)は、東京都青梅市にある、東京消防庁第九消防方面本部に所属する消防署である。特別救助隊山岳救助隊がある。

概要[編集]

本署および2出張所があり、青梅市全域を管轄している[1]

住所[編集]

沿革[編集]

  • 1945年昭和20年)6月18日 - 警視庁消防部立川消防署青梅派遣隊として、西多摩郡青梅町青梅274番地に開署
  • 1948年(昭和23年)3月7日 - 消防組織法の施行にともない、西多摩郡青梅町、調布村及び霞村で自治体組織消防を組織する。青梅消防署として、青梅町上町374番地に発足する。同時に、大門出張所及び長淵機関派出所を開所する[2]
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 青梅町調布村及び霞村の3町村が新設合併及び市制施行し、組合消防が解消して青梅市消防本部青梅消防署となる
  • 1960年(昭和35年)3月31日 - 長淵機関派出所を閉鎖する
  • 1960年(昭和35年)3月31日 - 翌日の消防事務委託に伴い青梅市消防本部を廃止
  • 1960年(昭和35年)4月1日 - 東京消防庁に消防事務を委託し、東京消防庁青梅消防署となる
  • 1960年(昭和35年)8月16日 - 青梅消防署を東青梅1-11-1に移転する(現在の青梅市役所となり)
  • 1962年(昭和37年)11月24日 - 大門出張所を閉鎖し、新たに森下出張所を青梅市青梅552番地に開所する
  • 1969年(昭和44年)5月15日 - 森下出張所を閉鎖し、西部出張所が新築竣工する
  • 1973年(昭和48年)2月27日 - 現在地に青梅消防署の新庁舎が新築竣工する
  • 1974年(昭和49年)7月1日 - 西部出張所を日向和田出張所と名称を変更する
  • 1985年(昭和60年)12月18日 - 長淵出張所が新築竣工する
  • 1987年(昭和62年)5月1日 - 青梅山岳救助隊が発隊する(同時に奥多摩秋川、八王子各消防署にも発隊)
  • 1990年平成2年)3月15日 - 青梅特別救助隊が発隊する
  • 2004年(平成16年)11月1日 - スイフト・ウォーター・レスキュー(急流救助)隊が発隊する
  • 2005年(平成17年)8月23日 - 青梅特別消火中隊が発隊する

窓口[編集]

  • 総務課
    • 管理係
    • 経理係
  • 警防課
    • 防災係
    • 消防係
    • 救急係
    • 機械装備係
  • 予防課
    • 防火査察係
    • 予防係
    • 危険物係
  • 各出張所

車両[編集]

  • 青梅消防署
  • 日向和田出張所
    • ポンプ車2、高規格救急車1、資材輸送車1(泥濘地搬送車(水陸両用バギー、通称ARGO)積載)、消防用二輪車2
  • 長渕出張所
    • ポンプ車1、高規格救急車1

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 青梅消防署管内. 東京消防庁
  2. ^ 青梅消防署の沿革. 東京消防庁

外部リンク[編集]