青根温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hot springs 001.svg青根温泉
Aoneonsen.JPG
青根温泉郷
温泉情報
所在地 宮城県柴田郡川崎町
座標 北緯38度8分43秒
東経140度32分06秒
座標: 北緯38度8分43秒 東経140度32分06秒
交通 鉄道:東北新幹線白石蔵王駅よりタクシーで約40分
車:山形自動車道 宮城川崎ICより国道457号
泉質 硫酸塩泉
宿泊施設数 6
テンプレートを表示

青根温泉(あおねおんせん)は、宮城県柴田郡川崎町(旧国陸奥国、明治以降は陸前国)にある温泉

アクセス[編集]

泉質[編集]

硫酸塩泉、源泉温度は43℃から56℃[2]

効能[編集]

胃腸病、神経痛、リューマチ[2]

温泉街[編集]

かつて存在した共同浴場大湯。2008年に湯元不忘閣の内湯として改装・復活した。

蔵王連峰東側に温泉街が広がる。以下の宿がある。

坊源は2011年3月31日に閉館。

日帰り入浴施設はじゃっぽの湯がある。

足湯は以下の2つある。

  • 停車場の湯
  • 朝日の湯

かつて共同浴場は「大湯」「名号湯」の二軒存在した。そのうちの一軒であった「大湯」は、隣接する旅館「湯元不忘閣」の内湯も兼ねていた。

大湯の老朽化に伴い、代わりに日帰り入浴施設が建設されることとなり、2006年3月15日に共同浴場は2つとも一旦閉鎖され、日帰り入浴施設「じゃっぽの湯」がオープンした。

しかし「大湯」は、元々伊達氏からの歴史があることから観光客中心に復活の要望も強く、地元自治体の支援を取り付け改装し、2008年4月に湯元不忘閣の宿泊客のみが利用できる形ではあるが再建された。

歴史[編集]

開湯は1528年である。アオヌキの木の下からお湯が沸いていたことから、青根の名前がついた。

病人が弥陀の称号を称えながら入湯するとたちまち病から全快するといわれた名号湯である[2]

江戸時代仙台藩伊達氏御殿湯が置かれた。伊達氏の御殿湯は他にも東鳴子温泉にも置かれた。藩主専用の湯治場であった青根御殿が存在するが、明治時代に焼失したものを昭和初期に再建したものである。

1959年昭和34年)に青根温泉地内に青根洋館が解体移築された。

参照[編集]

  1. ^ 青根温泉 アクセス・交通案内
  2. ^ a b c ふるさとの文化遺産『郷土資料事典』4、92頁

参考文献[編集]

  • ふるさとの文化遺産『郷土資料事典』4、人文社、1998年

外部リンク[編集]