青松敬鎔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青松 慶侑 (青松 敬鎔)
2011marines aomatsu.jpg
ロッテ浦和球場にて(2011年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府京都市伏見区
生年月日 1986年12月7日(29歳)
身長
体重
185 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手捕手三塁手
プロ入り 2004年 ドラフト7巡目
初出場 2006年9月26日
年俸 690万円(2016年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

青松 敬鎔(あおまつ けいよう、1986年12月7日 - )は、京都府京都市伏見区出身のプロ野球選手内野手捕手)。2015年9月11日から、青松 慶侑(読み同じ)という登録名を用いている[1]

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

上宮太子高校への在学中には、春夏ともに、阪神甲子園球場での全国大会に出場できなかった。2004年のプロ野球ドラフト会議で、捕手として千葉ロッテマリーンズから7位で指名。契約金3,000万円、年俸450万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は63。上宮太子高校から直接NPBの球団へ入った選手は、青松が初めてであった。

ロッテ時代[編集]

2005年

福岡ダイエーホークス時代に城島健司を指導した古賀英彦二軍ヘッドコーチから「(捕手として)城島を凌ぐセンスの持ち主」と評価されたが、一軍公式戦への出場機会はなかった。

2006年

2月26日に開かれた第1回WBC日本代表との練習試合で一塁を守ると、イースタン・リーグの公式戦では、一塁手として31試合、捕手として16試合に出場した。打率.257、4本塁打という成績を残したことから、9月19日に入団後初の出場選手登録。9月26日の対西武ライオンズ戦(インボイスSEIBUドーム)7回表に代打で一軍デビューを果たしたが、一軍公式戦で初安打を放つまでには至らなかった。シーズン終了後には、9年振りに再開されたハワイ・ウィンターリーグに派遣。息子の応援に来ていたロジャー・クレメンスの球をブルペンで受ける幸運もあった。

2007年

イースタン・リーグ公式戦に、一塁手として26試合、捕手として23試合に出場。しかし、打率が.159にとどまるなど打撃が振るわず、一軍公式戦への出場機会はなかった。

2008年

イースタン・リーグ公式戦では、打率.252、8本塁打と打撃が復調。守備面でも、33試合で捕手、13試合で一塁手、1試合で三塁手に起用されると、いずれのポジションでも失策を記録しなかった。しかし、ロッテ球団と支配下選手契約を結んでいた捕手でただ1人、一軍の公式戦へ出場できなかった。

打席に立つ青松(2009年)
2009年

イースタン・リーグ公式戦38試合の出場で、打率.244、4本塁打をマーク。前年から若干調子を落とした影響で、一軍昇格の機会はなかった。

2010年

イースタン・リーグ公式戦78試合で、打率.259、8本塁打を記録するなど打撃が復調。シーズン当初は、主に一塁を守っていた。一軍正捕手・里崎智也の背筋痛で他の捕手が二軍から昇格したことや、二軍の正捕手だった金澤岳が故障したことを背景に、シーズン終盤からは二軍の正捕手に定着。チームの同リーグ優勝やファーム日本選手権制覇に貢献したが、5年続けて一軍から遠ざかった。

2011年

イースタン・リーグ公式戦63試合に出場したが、打率は.220で、本塁打を1本も放てなかった。

2012年

イースタン・リーグ公式戦57試合に出場。打率.262、3本塁打を記録した。

2013年

春季キャンプの直前に、登録ポジションを捕手から内野手へ変更[2]。イースタン・リーグ公式戦では、76試合の出場で、打率.292、10本塁打を記録[3]。さらに、サブロー7月31日に故障で離脱したことから、右の代打の切り札として、7年振りに一軍昇格を果たした。翌8月1日の対北海道日本ハムファイターズ戦(QVCマリンフィールド)6回裏に代打で起用されると、適時二塁打を放ったことで一軍初安打・初打点を記録[4][5]8月3日の対オリックスバファローズ戦(ほっともっとフィールド神戸)では、「6番・指名打者」として、一軍公式戦で初めてスタメンに起用。3安打を放って、自身初の猛打賞を記録した[3]。シーズン通算では、一軍公式戦9試合に出場。打率.313、長打率.438、3打点という成績を残した。

2014年

前年の12月21日に、タレント鷲巣あやのと結婚していたことを春季キャンプ中に発表した[6]。3月26日には、北海道日本ハムファイターズとのイースタン・リーグ公式戦で、審判員への侮辱行為で退場処分。後に、厳重注意と制裁金15万円の処分を受けた[7]。同リーグの公式戦全体では、チーム最多の105試合に出場。打率.313、13本塁打という好成績を残したが、一軍公式戦では3試合の出場にとどまった。

2015年

イースタン・リーグ公式戦85試合に出場すると、15本塁打で本塁打王、打率.298で首位打者のタイトルを獲得した。一軍公式戦では、6月6日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)4回表に、石川雅規からの左越ソロ本塁打で一軍初本塁打を記録。シーズン通算では、プロ入り後最多の13試合へ出場したものの、打率が.150にとどまった。なお、9月11日には、登録名を青松 敬鎔から青松 慶侑へ変更することが発表された[1]

2016年

イースタン・リーグ公式戦では、チーム最多の115試合に出場。打率.278、13本塁打を記録したが、一軍公式戦への出場機会がないまま、10月1日に球団から戦力外通告を受けた[8]。12月2日、自由契約公示された[9]

ロッテ退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していることから、2016年11月12日には、阪神甲子園球場で開催の12球団合同トライアウトに参加。捕手や一塁の守備に就く一方で、シートバッティング形式の対戦では、5人の投手を相手に5打数2安打1三振という結果を残した[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2006 ロッテ 1 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 .500 .000 .500
2013 9 17 16 2 5 2 0 0 7 3 0 0 0 0 0 0 1 4 1 .313 .353 .438 .790
2014 3 5 5 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .200 .400
2015 13 20 20 2 3 1 0 1 7 2 0 0 0 0 0 0 0 7 0 .150 .150 .350 .500
通算:4年 26 44 42 4 9 3 0 1 15 5 0 0 0 0 0 0 2 12 1 .214 .250 .357 .607
  • 2015年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


一塁
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2013 2 5 0 0 0 1.000
2014 2 15 1 1 3 .941
2015 12 48 5 0 3 1.000
通算 16 68 6 1 6 .987
  • 2015年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 63 (2005年 - 2016年)

登録名[編集]

  • 青松 敬鎔 (2005年 - 2015年9月10日)
  • 青松 慶侑 (2015年9月11日 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “青松選手 登録名変更のお知らせ”. 千葉ロッテマリーンズオフィシャルサイト. (2015年9月11日). http://www.marines.co.jp/news/detail/16117.html 2015年9月22日閲覧。 
  2. ^ 大松選手・青松選手 ポジション登録の変更について”. 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト (2013年1月23日). 2015年6月9日閲覧。
  3. ^ a b c “ロッテ青松 プロ9年目初猛打賞 伊東監督”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年8月4日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/04/kiji/K20130804006351520.html 2015年6月9日閲覧。 
  4. ^ a b “青松 9年目でプロ初安打初打点、捕手から内野手転向で結果”. スポニチ Sponichi Annex. (2013年8月1日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/08/01/kiji/K20130801006338150.html 2015年6月9日閲覧。 
  5. ^ a b “【ロッテ】青松転向後、初安打&初打点”. nikkansports.com. (2013年8月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130801-1166600.html 2015年6月9日閲覧。 
  6. ^ “ロッテ青松が結婚 “一目ぼれ”お相手はタレント・鷲巣あやの”. スポニチ Sponichi Annex. (2014年2月13日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/02/13/kiji/K20140213007572200.html 2015年6月9日閲覧。 
  7. ^ “ロッテ青松、審判侮辱で制裁金15万”. nikkansports.com. (2014年3月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140327-1276199.html 2015年6月9日閲覧。 
  8. ^ 来季契約について”. 千葉ロッテマリーンズ公式サイト (2016年10月1日). 2016年10月1日閲覧。
  9. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  10. ^ “65人が参加/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2016年11月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1736002.htmlv 2016年11月13日閲覧。 
  11. ^ “ロッテ 青松、11年目でプロ1号!妻の前で“アオパイネ”弾”. スポーツニッポン. (2015年6月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/06/06/kiji/K20150606010490920.html 2015年6月9日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]