青木秀樹 (音楽家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青木秀樹 (音楽家)
出生名 青木秀樹
(あおき ひでき)
別名 青木秀樹
出身地 日本の旗 日本 長野県長野市
ジャンル グラムロック
職業 ロックバンド
ギタリスト
作詞家
作曲家
担当楽器 ギター
活動期間 1989年 -
共同作業者 カブキロックス
LOVE MISSILE
LOVE ME DO (バンド)
公式サイト [1]

青木 秀樹(あおき ひでき、11月4日 - )は、日本エンターテイナーミュージシャン音楽プロデューサー長野県長野市出身。青木 秀麻呂名義でカブキロックスのメンバーとしても活動していた。

プロフィール[編集]

1986年、ロックバンドHysteric Glamor(ヒステリック・グラマー)結成。当時全盛だった原宿ホコ天で圧倒的な人気を誇り、数々のテレビ番組で取り上げられる。ミニLP『Glamorous POP』(グラマラス・ポップ)リリース。よりインパクトのあるビジュアル性を求めて1989年カブキロックスを結成。当時の人気テレビ番組『三宅裕司のいかすバンド天国』(通称 イカ天)に出演。イカ天大賞 受賞を経てアポロンよりメジャーデビュー。有線大賞新人賞を受賞、東京音 楽祭日本代表として出演した。アルバム「カブキロックス」「マスカレード」、 シングル「お江戸」「虹の都」(ドラゴンクエスト主題歌)をリリース。

1990年12月、自らの音楽性“グラムロック“を更に追求したLOVE MISSILE(ラヴミサイル)を結成。その後正式にカブキロックスを脱退。1991年4月、フィールドワークスよりミニアルバ ム『LOVE MISSILE』を発表。1992年4月、日本クラウンよりメジャーデビュー。3枚の アルバム『First Kiss』『Believe』『Illusion』および4枚のシングル「涙のラストキッス」「この胸のときめきを」「お別れのKissからもう一度やりなおそう」「I Want You」を発表。

LOVE MISSILE はTHE YELLOW MONKEYすかんちマルコシアス・バンプとともに日本の“グラムロック四天王”と称された。

LOVE MISSILE在籍時から女性アイドル、アニメソングなど数々の楽曲を提供してきたが、1995年1月以降は主に音楽プロデューサー&作曲家として活躍。TOKIOに「ロマンチストは傷つかない」「シェリーアムー ル」「ジュリエット」「渡せないエンジェル」を提供。他にも、杉本理恵「ときめきアイランド」 遠野舞子「サンシャインラブ」、小川はる子「クレイジームーン」、長沢美樹「 彼方へFar Away」、Pas de Deux「21st Century Girl」などの楽曲提供がある。

2000年、長年構想を温めてきたグラムロック・バンドLOVE ME DO (バンド)を結成。リーダー兼ギタリストとして大人が口ずさめる上質な和製ポップスを発信し続けている。

エピソード[編集]

  • 19歳の時に芸能プロダクションから俳優にスカウトされたことがある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]