この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

青木祐子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青木 祐子(あおき ゆうこ、1969年8月16日 - )は、日本のジュブナイル小説家長野県出身。A型。

『ぼくのズーマー』が集英社主催2002年度ノベル大賞で、入選。2003年、『ソード・ソウル 〜遥かな白い城の姫〜』で文庫デビューを果たした。

作品リスト

文庫

No. タイトル 発売日
1 遥かな白い城の姫 2003年3月28日
2 朝開く一輪の花 2003年7月1日
3 黄金の扉 2003年11月28日
4 夜明けに見た夢 2004年6月3日
No. タイトル 発売日
1 水の妖精つかい 2005年2月
2 火竜の翼 2005年4月28日
3 硝子の森 2005年7月29日
No. タイトル 発売日 備考
1 恋のドレスとつぼみの淑女 2005年12月22日
2 恋のドレスは開幕のベルを鳴らして 2006年3月31日
3 恋のドレスと薔薇のデビュタント 2006年6月30日
4 カントリー・ハウスは恋のドレスで 2006年10月3日
5 恋のドレスは明日への切符 2006年12月22日
6 恋のドレスと硝子のドールハウス 2007年3月30日
7 恋のドレスと運命の輪 2007年6月28日
あなたに眠る花の香 2007年8月1日 短編集
「恋のドレスとプリンセス・リボン」
「黄色い花の法則(ルール)」
「さびしがりやの王子」
「あなたに眠る花の香」
「扉をあけるマリア」収録
8 恋のドレスと大いなる賭け 2007年10月2日
9 恋のドレスと秘密の鏡 2007年12月26日
10 恋のドレスと黄昏に見る夢 2008年4月1日
窓の向こうは夏の色 2008年7月1日 短編集
「ドレッシング・ルームの高い窓」
「希望という名の猫」
「窓の向こうは夏の色」
「幸福な淑女」収録
11 恋のドレスと約束の手紙 2008年9月2日
12 恋のドレスと舞踏会の青 2008年12月26日
13 恋のドレスと宵の明け星 2009年4月28日
聖者は薔薇にささやいて 2009年7月1日 短編集
「聖者は薔薇にささやいて」
「午後のクッションと小さな賭け」
「〜卒業前夜〜」収録
14 恋のドレスと追憶の糸 2009年7月31日
15 恋のドレスと聖夜の迷宮 2009年12月1日 モアティエ公爵家編前編
16 恋のドレスと聖夜の求婚 2010年3月2日 モアティエ公爵家編後編
17 恋のドレスと月の降る城 2010年6月1日
18 恋のドレスと湖の恋人 2010年10月30日
19 恋のドレスと陽のあたる階段 2011年4月1日 ハクニール公爵家編前編
20 恋のドレスと翡翠の森 2011年7月1日 ハクニール公爵家編後編
キスよりも遠く、触れるには近すぎて 2011年9月1日 短編集
「七日目の憂鬱」
「キスよりも遠く、触れるには近すぎて」
「彼の懐中時計」
「石の王子と花姫の結婚」収録
21 恋のドレスと花ひらく淑女 2011年10月1日
聖者は薔薇を抱きしめて 2011年11月1日 短編集
「十二夜の手紙」
「私の美しい人だから」
「聖者は薔薇を抱きしめて」
「真夜中の恋文」収録
22 恋のドレスと白のカーテン 2012年3月1日 本編完結巻
宝石箱のひみつの鍵 2012年6月30日 短編集
「一年目の宝石箱」
「灰と青のマズルカ」
「鏡の家の恋人」
「恋のドレスと湖の王子様」収録
王子とワルツと懐中時計 2013年5月1日 短編集
「二年目の舞踏会」
「彼の懐中時計2 従僕には従僕のやり方がある」
「青い弾丸の騎士」
「おにいさまと秘密の写真」収録
  • 左ききのマイ・ボーイ(コバルト文庫/挿絵:綾坂璃緒
No. タイトル 発売日
1 忘れられた花と人形の館 2008年10月1日
2 円卓の乙女とただひとりの騎士 2009年4月1日
3 帰らぬ王子と初恋の都 2009年10月2日
No. タイトル 発売日
1 はざまの街と恋する予言者 2010年10月1日
2 ふたつの恋、ふたつの未来 2011年2月1日
No. タイトル 発売日
1 待ちぼうけのダージリン 2012年4月28日
2 アール・グレイは琥珀のくちづけ 2012年8月31日
3 ジンジャー・ティーは熱くまろやかに 2012年11月30日
  • ベリーカルテットの事件簿 薔薇と毒薬とチョコレート(コバルト文庫/挿絵:明咲トウル
  • 八番街の探偵貴族 はじまりは、舞踏会。(コバルト文庫/挿絵:11
  • 朧月夜の怪 薬師・守屋人情帖(富士見新時代小説文庫/挿絵:中島梨絵
  • これは経費で落ちません! 経理部の森若さん(集英社オレンジ文庫)

雑誌

  • ぼくのズーマー(Cobalt 2002年12月号掲載)
  • 嘆きの丘(Cobalt 2003年2月号掲載)
  • ドルフィン・レター(Cobalt 2003年8月号掲載)
  • ソード・ソウル 聖なる願い(Cobalt 2003年12月号掲載)
  • ソード・ソウル あなたへ贈る花(Cobalt 2004年12月号掲載)
  • タム・グリン 妖精の背中(Cobalt 2005年4月号掲載)
  • ごめんねっていわせて。(Cobalt 2005年6月号掲載)
  • タム・グリン 風に立つ木 (Cobalt 2005年8月号掲載)
  • 鏡の家の恋人 (Cobalt 2010年3月号掲載)

関連項目

外部リンク