青木清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 青木 清 七段
名前 青木 清
生年月日 (1948-01-05) 1948年1月5日(71歳)
プロ入り年月日 1977年8月20日(29歳)
棋士番号 133
出身地 福岡県北九州市
師匠 熊谷達人
段位 七段
戦績
2015年3月20日現在

青木 清(あおき きよし、1948年1月5日 - )は、将棋棋士。2000年、引退。熊谷達人九段門下。棋士番号は133。福岡県北九州市出身。

棋歴[編集]

奨励会では、プロ入り一歩手前の三段時代が10年間もあった。旧制度の三段リーグ(奨励会A組)では1967年度後期から制度が終わる1973年度後期まで13期を過ごした。その間、1968年度後期リーグでチャンスが巡ってきたが、東西決戦で池田修一野本虎次に敗れて昇段を逃した。

1972年度、第2回奨励会若獅子戦・関西トーナメントで優勝。その決勝は中田章道1級を相手にした香落ち対局であった[1]。また、同年度、第16回古豪新鋭戦でベスト4進出。

1977年8月20日、29歳でプロ入りを果たす。

プロ3年目を迎えた第39期(1980年度)順位戦では7勝3敗・31人中7位の成績を修め、最終局まで昇級争いに加わった。第9回(1986年度)オールスター勝ち抜き戦予選を突破し、本戦でも当時順位戦A級に在籍していた南芳一を破る活躍もした。以上が青木の代表的な戦績とされている。

1983年度は1敗と1不戦敗の後に年度末まで休場。復帰以降は成績が振るわないことが多く、1991年度には参加した公式戦で全敗(12敗)を喫した。

順位戦には延べ12期在位。昇級歴はなく、第46期(1987年度)から3期連続でC級2組において降級点を喫し、42歳で順位戦への参加資格を失った。以降10年間、順位戦に復帰する為の規定の成績を修めることができず、1999年度を最後に引退となった。

棋風[編集]

居飛車党であるが、相居飛車戦においては、ひねり飛車陽動振り飛車といったやや変則的な戦法を多用する。横歩取りもレパートリーの一つ。

人物[編集]

  • 将棋界には少ない長めの頭髪がトレードマーク
  • 奨励会員として棋戦で活躍していた1973年頃は北九州の実家に帰り、家業の寿司屋寿司を握った後に対局場のある大阪に長距離列車で出向くという生活であった[1]

昇段履歴[編集]

主な成績[編集]

通算成績 156勝332敗

公式戦本戦出場歴[編集]

在籍クラス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 将棋世界」2000年1月号付録

関連項目[編集]

外部リンク[編集]