青木武志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青木 武志(あおき たけし、1958年2月4日 - )は、平成期の実業家。現イビデン社長岐阜県岐阜市出身。関西大学工学部化学工学科卒。

長年にわたりセラミックス事業に関わっている。イビデンの社長は建材事業、電子部品事業出身者が多く、セラミックス事業出身者は珍しいといえる。

社長就任の発表は6月の株主総会等で発表することが多いのだが、2月28日に就任の発表が行われた(就任は6月)[1]

略歴[編集]

  • 1981年(昭和56年)4月 - 揖斐川電気工業(現・イビデン)入社。
  • 1999年(平成11年)4月 - セラミック事業部営業G副主幹就任。
  • 2006年(平成18年)4月 - 理事就任。
  • 2008年(平成20年)4月 - 執行役員就任。
  • 2011年(平成23年)4月 - AFP事業本部本部長就任。
  • 2014年(平成26年)4月 - 取締役常務執行役員就任(セラミック事業本部副本部長)。
  • 2016年(平成28年)3月 - 代表取締役副社長就任(セラミック事業本部本部長)。
  • 2017年(平成29年)4月 - 代表取締役副社長(執行全般統括兼セラミック事業担当)
  • 2017年(平成29年)6月 - 代表取締役社長に就任。

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞(2017年3月1日)
先代:
竹中裕紀
イビデン社長
第12代:2017年 -
次代:
(現職)