青木正則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青木 正則(あおき まさのり、1927年9月6日 - )は日本の元スピードスケート選手である。北海道苫小牧市出身[1]王子製紙に所属した。

1952年のオスロオリンピックに出場し500mで12位、1500mで23位の成績を残した。

1950年の第19回全日本スピードスケート選手権大会で優勝。

脚注[編集]

  1. ^ 2010年8月20日付北海道新聞朝刊苫小牧地方版

外部リンク[編集]