青木智子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青木 智子(あおき ともこ、1月21日 - )は、心理学者平成国際大学 教授、臨床心理士博士(文学)、韓国大田(テジョン)・大田美術治療研究所・スーパーバイザー、アーツセラピー研究所(所長:杉浦京子日本医科大学助教授)研究員、内閣府日本学術会議事務局上席学術研究員。

略歴[編集]

東京都出身

  • 立正大学大学院文学研究科社会学専攻修士課程修了(文学修士)
  • 平成3年4月 BASFジャパン株式会社有機薬品部勤務
  • 平成7年3月 立正大学大学院文学研究科博士課程社会学専攻単位取得満期退学
  • 平成14年3月 立正大学大学院文学研究科博士後期課程哲学専攻(心理学コース)修了(博士(文学))
  • 平成5年より (株)日本能率協会マネジメントセンター通信教育事業本部通信教育「心理学講座」カウンセラー
  • 立正大学城西大学駿河台大学東海学園大学千葉商科大学桜美林大学等、数多くの大学非常勤講師を経て
  • 平成11年4月 東北文化学園大学医療福祉学部リハビリテーション学科 助教授
  • 平成15年3月 立正大学 文学博士 論文の題は「コラージュ療法の個人面接・グループワークにおける発展的活用 : 事例研究を中心とした効果検討を通して 」[1]。 
  • 平成15年4月-平成17年7月 東京都スクールカウンセラー
  • 平成17年8月 韓国・又松大学校・社会医療福祉学部・教授
  • 平成18年4月 文京学院大学保健医療技術学部 教授、韓国・又松大学 客員教授、東洋学園大学講師、宇都宮短期大学講師、韓国大田美術治療研究所講師(韓国芸術療法学会認定の「コラージュ療法」講座)
  • 平成22年9月 韓国啓明大学校 教授

主な著書[編集]

  • 『経営産業心理学パースペクティブ』(共著)
  • 『経営心理学トピックス100』(共著)
  • 『会社の人間関係がわかる本』(共著)
  • 『MS-WORDで学ぶ英文タイプ演習』(共著)
  • 『人間関係学トピックス100』(共著)
  • 『スクールカウンセラーの基礎知識』(共著)
  • 『図説臨床心理学』(共著)
  • 『心と身体のカウンセリング大辞典』(共著)
  • 『コラージュ療法の発展的活用―個人面接・グループワークでの事例を中心として』(風間書房)
  • その他多数

所属学会[編集]

専門分野[編集]

  • 心理学臨床心理学・芸術療法)
  • コンピュータリテラシ
  • 情報文化
  • コンピュータネットワーク不安
  • コンピュータセキュリティ意識
  • ネット中毒
  • サイバー心理学

その他[編集]

  • 旅行、読書、三味線が趣味
  • 小学5年の時、「日本社会党」の政党イメージポスターのモデルを務め、でかいポスターで全国に飾られた。

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース