青木健 (経済学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青木 健
Takeshi AOKI
生誕 1941年9月
日本の旗 日本 東京都
死没 (2009-11-30) 2009年11月30日(68歳没)
研究機関 杏林大学
研究分野 アジア経済論
開発経済学
母校 早稲田大学
九州大学
テンプレートを表示

青木 健(あおき たけし、1941年9月 - 2009年11月30日)は、日本の経済学者。専攻はアジア経済論、開発経済学[1][2]杏林大学教授、平和祈念事業特別基金理事長などを歴任した。

来歴[編集]

1941年9月、東京に生まれる[3]。1966年3月に早稲田大学第一政治経済学部を卒業し、翌4月には東西貿易株式会社に入社[3]。1967年10月日本貿易振興機構(ジェトロ)に入会し、西ドイツマレーシアに派遣される[3]。1992年『太平洋成長のトライアングル―日本・米国・アジアNICs間の構造調整』によって九州大学より博士(経済学)を取得[4]。1993年には杏林大学大学院国際協力研究科開設に伴って、同研究科および社会科学部の教授に就任する[3]。2007年1月からは平和祈念事業特別基金理事長を務め、恩給欠格者や戦後強制抑留者等への各種事業の推進に尽力する[1][5]。同年3月に杏林大学を定年退職し、翌4月より同大学で客員教授を務めていた。

2009年11月30日朝、心筋梗塞により死去[3]。68歳没。

『杏林社会科学研究』第26巻2・3合併号は青木の追悼号となった。松田和晃による巻頭言[1]や編集後記[6]において、青木の人柄と人徳が繰り返し言及されている。巻頭言では青木に「癒し系」との評が立ったことがあることが明かされている[1]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『戦後世界貿易の発展と構造変化』谷沢書房 1983
  • 『太平洋の世紀と日本 成長トライアングルの形成』 1985 有斐閣選書
  • 『太平洋成長のトライアングル 日本・米国・アジアNICs間の構造調整』日本評論社 1987
  • 『マレーシア経済入門 90年代にNICs入りか』日本評論社 1990
  • 『アジア太平洋経済の成熟 日本とアジア太平洋地域のネットワーク形成』勁草書房 1991
  • 『輸出志向工業化戦略 マレーシアにみるその光と陰』日本貿易振興会 1993
  • 『アジア太平洋経済圏の生成 その動態と統合メカニズムの解明』中央経済社 1994
  • 『マレーシア経済入門 2020年に先進国入りを目指す』第2版日本評論社 1998
  • 『アジア経済持続的成長の途』日本評論社 2000
  • 『変貌する太平洋成長のトライアングル』日本評論社, 2005
  • 『貿易からみる「アジアのなかの日本」 自分の居場所を探る』日本経済評論社, 2006

共編著[編集]

  • 『アジア新経済地図の読み方 その活力の源泉と日本の課題』渡辺利夫共著 PHP研究所, 1991
  • ASEAN躍動の経済』 大西健夫共編. 早稲田大学出版部 1995 Waseda libri mundi
  • 『検証/APEC アジア太平洋の新しい地域主義』馬田啓一共編著. 日本評論社 1995
  • 『日米経済関係 新たな枠組みと日本の選択』馬田啓一共編著 勁草書房 1996
  • 『日本企業と直接投資 対アジア投資の新たな課題』馬田啓一共編著. 勁草書房 1997
  • WTOとアジアの経済発展』馬田啓一共編著 東洋経済新報社 1998
  • 『地域統合の経済学』馬田啓一共編著 勁草書房 1999
  • 『ポスト通貨危機の経済学 アジアの新しい経済秩序』馬田啓一共編著 勁草書房 2000
  • AFTA(ASEAN自由貿易地域) ASEAN経済統合の実状と展望』編著 ジェトロ, 2001
  • 『経済検証/グローバリゼーション グローバル化する世界経済の現状と課題』馬田啓一共編著 文眞堂 2001
  • 『日本の通商政策入門』馬田啓一共編 東洋経済新報社, 2002
  • 『政策提言・日本の対アジア経済政策 新たな経済関係の構築に向けて』馬田啓一共編著 日本評論社 2004
  • 『日米経済関係論 米国の通商戦略と日本』馬田啓一共編著 勁草書房 2006
  • 『貿易・開発と環境問題 国際環境政策の焦点』馬田啓一共編著 文眞堂 2008
  • 『グローバリゼーションと日本経済』馬田啓一共編著 文眞堂 2010
  • 『グローバル金融危機と世界経済の新秩序』馬田啓一共編著 日本評論社 2010

脚注・出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 松田和晃「故 青木健先生を偲ぶ(巻頭言)」『杏林社会科学研究』第26巻、杏林大学社会科学学会、2010年。
  2. ^ 著者紹介(『グローバリゼーションと日本経済』)”. 紀伊國屋書店. 2015年2月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e 「青木健先生 略歴および主要研究業績」『杏林社会科学研究』第26巻2-3、杏林大学社会科学学会、2010年、 139-143頁、 NAID 40017373232
  4. ^ 博士論文書誌データベース
  5. ^ “総務省(人事)”. 日本経済新聞: p. 2. (2006年12月26日) 
  6. ^ 杏林大学社会科学学会運営委員会「編集後記」『杏林社会科学研究』第26巻2-3、杏林大学社会科学学会、2010年。

外部リンク[編集]