青島町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
あおじまちょう
青島町
廃止日 1954年3月31日
廃止理由 新設合併
藤枝町青島町高洲村稲葉村大洲村葉梨村藤枝市
現在の自治体 藤枝市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 静岡県
志太郡
総人口 14,920
国勢調査1950年
隣接自治体 藤枝町、高洲村、大洲村、稲葉村、六合村
青島町役場
所在地 静岡県志太郡青島町
 表示 ウィキプロジェクト

青島町(あおじまちょう)は静岡県の中部、志太郡に属していた。現在の藤枝市南部、藤枝駅周辺にあたる。本項では町制前の名称である青島村についても記す。

地理[編集]

歴史[編集]

「青島町誕生」

大正11年の駅前通り。写真に見える万国旗や旭日型の装飾は、町制の施工によってたんじょうした「青島町」を祝うものであった。町制施行が青島の人々にとってどんなに待ち遠しく、またよろこばしいものであったかは、「町制記念歌」の流行の事実によってわかる。瀬戸新屋に住む青島作太郎さん(明治20年生まれ)の記憶による記念歌は次の通りである。

大正11年戌の年 元日よりぞ青島町 松の緑の青島町 戸数は一千四百軒 其の大半の商店は 銀行会社工場と 軒をそろへて立ち並ぶ 群の中心地の利を得 藤相線は省線と 東西南北十文字 交通運輸の利便あり 志太榛原の集散地 松の緑ももろともに 行く末永く栄えよと 祝へ町民打ちつれて

昼間は学校の生徒達が旗行列を組み、夜は町民が提燈行列をつらねて声高らかに歌ったのだという。

Aojima cho-2.jpg Aojima cho-1.jpg


— 『写真集明治大正昭和 藤枝』「ふるさとの想い出75」昭和55年より抜粋[1]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

  • 志太温泉

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 八木洋行・野本寛一共編『写真集明治大正昭和 藤枝』「ふるさとの想い出75」昭和55年、国立国会図書館蔵書、2018年4月3日閲覧。

関連項目[編集]