青島千穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

青島 千穂(あおしま ちほ、1974年-)は東京都出身の現代芸術家。1995年法政大学経済学部卒業後、アートの世界へ。村上隆のスタジオKaikai Kikiに所属。コンピューターソフトIllustratorの『ベジェ曲線』を操ることによって異世界を描き出す。ベジェ曲線によって描かれた作品群を巨大プリンターによって拡大印刷するのだが、紙だけでなく皮やプラスチック平面に施すことで注目される。アート、イラストレーションの世界から脱し、新たな作品世界を作り上げている。[要出典]

作品に登場するモチーフには次のようなものがある。

展覧会[編集]

2000年[編集]

  • 『SUPER FLAT』(渋谷パルコギャラリー、名古屋パルコギャラリー)

2001年[編集]

2002年[編集]

  • 『東京ガールズ・ブラボー2』(NADiff)
  • 『青島千穂・タカノ綾・ Mr.・ 村上隆』(エマニュエル・ペロタン画廊)
  • 『ぬりえ展』(カルティエ財団現代美術館
  • 『リバプール・バイエニアル2002年』(テート・リバプール
  • ブラム&ポー画廊(サンタモニカ)

2003年[編集]

  • 『希望/Hope―未来は僕等の手の中』(ラフォーレ・ミュージアム原宿)
  • 『For the Record: Drawing Contemporary Life』(バンクーバー美術館)
  • 『The Mythical Being of Desire』(グラス・カーテン画廊)
  • 『Macromatrix』(カリフォルニア大学バークレー校
  • 『SAM Collects』(シアトル美術館)
  • イッセイ・ミヤケのために滝沢直己とのコラボレーション2003(エマニュエル・ペロタン画廊)

2004年[編集]

  • 『Mysterious』(パルム・ビーチ現代美術財団)
  • 『54周年カーネギー・インターナショナル』(カーネギー美術館)
  • 『T-Junction』(エマニュエル・ペロタン画廊)
  • 『虚擬的愛 當代新異術』(台北現代美術館)
  • 『えぇじゃないか!未来!』(ランバートコレクション)
  • 『Art Unlimited』(バーゼル・アートフェア)
  • 『Lonely Planet』(水戸芸術館
  • 『東京ガールズブラボー』(マリアン・ボースキー画廊)
  • 『青島千穂・Mr.・タカノ綾』(エマニュエル・ペロタン画廊)

2005年[編集]

  • 『爬虫類の繁栄を夢みて睡眠』(ブラム&ポー画廊)
  • ユニオンスクエア駅の展示
  • パブリックアート・ファンドとジャパンソサエティ
  • 『リトルボーイ: 日本の爆発するサブカルチャー・アート』(ジャパンソサエティ)
  • 地下鉄ポスターのデザイン、パブリック・アートファンドとジャパンソサエティ』
  • 『What’s Good Conference』(香港アートセンター、エマニュエル・ペロタン画廊)

関連人物[編集]