青少年学徒ニ賜ハリタル勅語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
1939年(昭和14年)5月22日、宮城前広場で行われた青少年学徒親閲式。

青少年学徒ニ賜ハリタル勅語(せいしょうねんがくとにたまわりたるちょくご、青少年學徒ニ賜ハリタル勅語)は、1939年(昭和14年)5月22日昭和天皇荒木貞夫文部大臣に与えた勅語

概要[編集]

1939年(昭和14年)5月22日、東京の宮城前広場(現・皇居外苑)で、陸軍現役将校学校配属令の施行15年を記念する全国学校教職員及び学生生徒御親閲式が行われた。この親閲式には昭和天皇が臨席し、全国から学生生徒代表3万1000余名、教職員代表4500余名が参列した。式終了後の同日午後、昭和天皇は荒木貞夫文部大臣を宮中に呼び、青少年学徒に対する勅語を与えた。これが「青少年学徒ニ賜ハリタル勅語」であり、同日付で荒木文相の訓示とともに全国に告知した(昭和14年文部省訓令第15号)。

1948年(昭和23年)6月19日、青少年学徒ニ賜ハリタル勅語は、衆議院における「教育勅語等排除に関する決議」および参議院における「教育勅語等の失効確認に関する決議」によって、教育ニ関スル勅語(教育勅語)などとともに失効確認が決議された。

本文[編集]

國本ニ培ヒ國カヲ養ヒ以テ國家隆昌ノ氣運ヲ永世ニ維持セムトスル任タル極メテ重ク道タル甚ダ遠シ而シテ其ノ任實ニ繋リテ汝等靑少年學徒ノ雙肩ニ在リ汝等其レ氣節ヲ尚ビ廉恥ヲ重ンジ古今ノ史實ニ稽ヘ中外ノ事勢ニ鑒ミ其ノ思索ヲ精ニシ其ノ識見ヲ長ジ執ル所中ヲ失ハズ嚮フ所正ヲ謬ラズ各其ノ本分ヲ恪守シ文ヲ修メ武ヲ練リ質實剛健ノ氣風ヲ振勵シ以テ負荷ノ大任ヲ全クセムコトヲ期セヨ

  • 読み
国本(こくほん)に培(つちか)い、国カを養い、以て国家隆昌(こっかりゅうしょう)の気運を永世に維持せんとする任たる極めて重く、道たる甚だ遠し。而(しこう)して、其の任(にん)実に繋(かか)りて汝等(なんじら)青少年学徒の雙肩(そうけん)に在り。汝等(なんじら)其(そ)れ気節(きせつ)を尚(たっと)び、廉恥(れんち)を重んじ、古今の史実に稽(かんが)え、中外の事勢に鑒(かんが)み、其の思索を精(せい)にし、其の識見を長じ、執(と)る所(ところ)中(ちゅう)を失わず、嚮(むか)う所(ところ)正(せい)を謬(あやま)らず、各(おのおの)其の本分を恪守(かくしゅ)し、文を修め、武を練り、質実剛健の気風を振励(しんれい)し、以て負荷(ふか)の大任を全(まった)くせんことを期せよ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]