青い鳥症候群 (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青い鳥症候群
ジャンル 恋愛漫画
漫画
作者 河野やす子
出版社 小学館
掲載誌 プチコミック
レーベル プチセブンコミックス
発表号 1984年7月号 - 1988年2月号
発表期間 1984年6月 - 1988年1月
巻数 全10巻(単行本)
全4巻(文庫版)
話数 全41話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

青い鳥症候群』(あおいとりシンドローム)は、河野やす子による日本漫画作品。『プチコミック』(小学館)にて、1984年7月号より1988年2月号まで連載された[1]。単行本は全10巻、文庫版は全4巻。1999年にテレビドラマ化された[2]。2000年にはテレビドラマを記念して、特別編が描きおろしで刊行された[3]。人の愛とうその哀しさを描いた作品[4]

あらすじ[編集]

主人公・二宮杏奈は詐欺師をしている。それは記憶を失くした幼馴染の森枝慎吾の入院費を稼ぐためである。杏奈の父親のせいで慎吾の両親は家に火をつけて自殺をし、その火事の影響で慎吾は入院することになったのであった。慎吾のためなら自分は何色に染まってもいいと杏奈は考えている。記憶が戻れば杏奈のもとから慎吾は離れていくと思い悩む杏奈。記憶を取り戻すも退院した慎吾は杏奈と一緒に暮らし始める。

慎吾のアルバイト先の娘・由加が妊娠する。妊娠させたのは自分ではないが、原因に責任を感じた慎吾は、由加と結婚しようとする。しかし由加の流産により破局することになり、杏奈と慎吾は結ばれる。

登場人物[編集]

二宮 杏奈(にのみや あんな)
主人公。20歳の大学生。詐欺師をし、慎吾の入院費を稼いでいる。
森枝 慎吾(もりえだ しんご)
杏奈の幼馴染。両親を亡くしたショックで記憶が幼少のころまでしかなく、入院していた。退院後、「豆の湯」という喫茶店でアルバイトを始める。
杏奈の父親
詐欺師。刑務所にいたが出所。「斉藤一雄」という偽名を使用している。
結城 英(ゆうき ひで)
杏奈につきまとう男。結城物産社長の息子。
奥村 由加(おくむら ゆか)
「豆の湯」のマスターの娘。男嫌いだったが、慎吾に想いを寄せる。
杏奈の母親
杏奈は死んでいると思っていたが、神戸で暮らしていた。

書誌情報[編集]

  • 河野やす子『青い鳥症候群』小学館〈プチセブンコミックス〉、全10巻
    1. 1985年2月、ISBN 4-09-131741-3[5]
    2. 1985年7月、ISBN 4-09-131742-1[6]
    3. 1985年12月、ISBN 4-09-131743-X[7]
    4. 1986年5月、ISBN 4-09-131744-8[8]
    5. 1986年9月、ISBN 4-09-131745-6[9]
    6. 1987年2月、ISBN 4-09-131746-4[10]
    7. 1987年8月、ISBN 4-09-131747-2[11]
    8. 1988年2月、ISBN 4-09-131748-0[12]
    9. 1988年5月、ISBN 4-09-131749-9[13]
    10. 1988年7月、ISBN 4-09-131750-2[14]
  • 河野やす子『青い鳥症候群 特別編』小学館〈Judy comics〉、2000年2月、ISBN 4-09-169141-2[19]

テレビドラマ[編集]

テレビ朝日系列で1999年10月16日 - 12月11日に放送された。

キャスト[編集]

ゲスト出演者[編集]

テーマ曲[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. あなたは呪われた子…
  2. あなたは私の母親ですか
  3. 車イスの恋人へ…300万の慰謝料を騙した少女
  4. 秘密のキスと謎のブローチ
  5. 5千万で私は母を売ります
  6. 離婚届と運命のプロポーズ
  7. 嘘よ!あの男が私の父親!?
  8. 衝撃の運命!最後のお願い
  9. 運命のクリスマス

外部リンク[編集]

テレビ朝日 土曜19:59 - 20:00枠
前番組 番組名 次番組
ドキドキ世界大冒険
(18:58 - 20:00)
青い鳥症候群

朝日放送では、18:30 - 19:30は『ドキドキ世界大冒険』、19:30 - 20:00は自社制作関西ローカルドラマ『部長刑事』。

出典[編集]

  1. ^ 『青い鳥症候群』第9巻の目次より。
  2. ^ 青い鳥症候群(シンドローム)”. マンガペディア. 2021年4月28日閲覧。
  3. ^ 青い鳥症候群(シンドローム)特別編”. 出版書誌データベース. 2021年4月20日閲覧。
  4. ^ 『青い鳥症候群』第2巻の目次より。
  5. ^ 青い鳥症候群 1”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  6. ^ 青い鳥症候群 2”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  7. ^ 青い鳥症候群 3”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  8. ^ 青い鳥症候群 4”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  9. ^ 青い鳥症候群 5”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  10. ^ 青い鳥症候群 6”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  11. ^ 青い鳥症候群 7”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  12. ^ 青い鳥症候群 8”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  13. ^ 青い鳥症候群 9”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  14. ^ 青い鳥症候群 10”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  15. ^ 青い鳥症候群(小学館)1”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  16. ^ 青い鳥症候群(小学館)2”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  17. ^ 青い鳥症候群(小学館)3”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  18. ^ 青い鳥症候群(小学館)4”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。
  19. ^ 青い鳥症候群 特別編”. 国会図書館サーチ. 2021年4月20日閲覧。