青い角

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

青い角(グルジア語:ცისფერყანწელები:Tsiskantselebi;英語:The blue horns)は、グルジア象徴主義詩人作家集団。1920年代グルジア文学における中心的存在。1915年クタイシで若手気鋭の作家たちによって結成された。1916年に雑誌『青い角』を発行。1930年代ソヴィエト権力の抑圧に屈するまで活動を続けた。

1915年グルジアのクタイシにて詩人パオロ・ヤシュヴィリのもとに、テツィアン・タビゼゲオルギー・レオニゼグリゴール・ロバキゼヴァレリアン・ガプリンダシュヴィリサンドロ・ツィケリゼラジュデン・グベタゼコラウ・ナディラゼセルゴ・クルディアシュヴィリなどの詩人・作家が集まり結成され、グルジアにおけるアヴァンギャルド運動の中核を担った。後にソヴィエト・グルジア文学を代表する作家となったガラクチオン・タビゼも、一時期活動に参加していた。またグルジアを代表する画家ラド・グディアシュヴィリとも親交があり、彼は度々雑誌イラスト挿絵を描いている。

参考文献[編集]