露の棗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

露の棗(つゆのなつめ、本名・栗原夏子、1990年6月1日 - )は、日本の落語家大阪府出身[1]

経歴[編集]

3人姉妹の真ん中として誕生する。父は医師、母親は公認会計士で大阪府知事に立候補した事で知られる栗原貴子であり、母親が大阪府知事に立候補した際は姉・妹と共に選挙を支えた(尚、栗原の演説が行われた際、落語の公演により同伴出来なかった為、姉・妹のみの同伴になった。)。

2014年10月10日に露の都に弟子入りし落語家デビュー。親和中学校・親和女子高等学校関西大学卒業。大学時代は落語研究会に入っていた。特技はアイドルのダンスの振り付けであり、アニメキャラのコスプレ等も行うおたくのキャラもある。その為、落語家である他にコスプレイヤーとしても活躍するマルチタレントでもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 上方落語家名鑑”. 上方落語協会. 2019年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]