霊泉寺 (高山市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
霊泉寺
Reisen-ji temple, Takayama, 2017.jpg
所在地 岐阜県高山市千島町616
位置 北緯36度7分38秒
東経137度15分14.9秒
座標: 北緯36度7分38秒 東経137度15分14.9秒
山号 集雲山
宗派 真言宗泉涌寺派
本尊 聖観世音菩薩
中興年 正保元年(1644年)
中興 一如素心尼
札所等 飛騨三十三観音霊場10番
法人番号 7200005009943
霊泉寺 (高山市)の位置(岐阜県内)
霊泉寺 (高山市)
テンプレートを表示

霊泉寺(れいせんじ)は、岐阜県高山市にある真言宗泉涌寺派寺院。山号は集雲山。飛騨三十三観音霊場10番札所である。

歴史[編集]

創建年、開祖不詳の古寺を天正年間に三木自綱が再興したと伝わるが、三木氏の滅亡とともに衰退して現在には伝わっていない。正保元年(1644年)、一如素心尼が当地で生きながら入定したといわれ、これを以って中興としている。延宝5年(1677年)に飛騨の国主金森氏の家臣、金森将監らが愛染堂を立てる。寺の裏手に枯れることのない泉があったため、霊泉寺と号した。この愛染堂は現在も残り、高山市の文化財となっている。

明治時代には梅村速水高山県知事が、山の中腹にあるこの地に與楽亭という別荘を設けている。1951年(昭和26年)、愛染堂を除いた伽藍が焼失した。現在の伽藍はその後再建されたものである。

寺宝として円空作の愛染明王像を所蔵しており、高山市の文化財に指定されている。

参考文献[編集]

  • 『飛騨寺院風土記』