霊山歴史館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 霊山歴史館
RYOZEN MUSEUM OF HISTORY
Ryozen Museum of History01-r.jpg
正面玄関
施設情報
専門分野 歴史(幕末・明治維新)
館長 松下幸之助(初代館長)
管理運営 公益財団法人霊山顕彰会
開館 1970年
所在地 605-0861
京都府京都市東山区清閑寺霊山町1
外部リンク 幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

霊山歴史館(りょうぜんれきしかん)は、京都府京都市東山区にある歴史博物館である。

概要[編集]

1968年に松下電器産業(現・パナソニック)会長の松下幸之助が関西財界人と協力して「霊山顕彰会」を設立。1970年に開館[1]。初代館長は松下幸之助[2]

幕末明治維新を専門とする日本唯一の博物館。幕末の京都で活躍した討幕派の志士や幕府側の人々の遺品や資料などを展示している。1階には坂本龍馬土方歳三近藤勇が愛用した刀のコーナー、2階には絵で見る関連・解説コーナー、電子紙芝居池田屋事件寺田屋事件を再現した模型コーナーがある。

2019年1月から3月まで収蔵資料を増やすためにリニューアル工事を行い、横浜市にある武溪文庫(ぶけいぶんこ)の一部の147点の資料を譲受した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 霊山歴史館(歴史館ニュース)
  2. ^ パナソニックホームページ(キッズスクール)
  3. ^ 霊山歴史館(リニューアル特別展)

外部リンク[編集]