電通メディアイノベーションラボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

電通メディアイノベーションラボ(でんつうメディアイノベーションラボ、英語: Dentsu Media Innovation Research Department)は、株式会社電通社内のシンクタンク

メディアや広告に関する研究調査、対外的な情報発信を行っている。旧称は、電通総研メディアイノベーション研究部。

主な活動[編集]

毎年2月頃に発表される「日本の広告費」[1]の取りまとめ、1994年から毎年発刊されている『情報メディア白書』[2]の企画・編集・執筆を担当している。

その他、マスメディアの動向やオーディエンスのあり方、インターネットメディアのトレンドについて、調査知見を活かした情報発信を進めている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本の広告費”. ナレッジ&データ. 電通. 2019年3月22日閲覧。
  2. ^ 情報メディア白書2019”. ナレッジ&データ. 電通. 2019年3月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯35度39分51.8秒 東経139度45分44.6秒 / 北緯35.664389度 東経139.762389度 / 35.664389; 139.762389