庄子デンキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
電激倉庫から転送)
移動先: 案内検索
ラオックス > 庄子デンキ
株式会社庄子デンキ
Shoujidenki.jpg
庄子デンキ旧本社ビル
仙台市太白区長町2丁目(現存せず)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-0014
東京都港区二丁目7-17 
設立 1960年4月30日
事業内容 販売、修理
代表者 田之上真人(代表取締役
資本金 1億円
発行済株式総数 8,000,000株
従業員数 1名
決算期 12月
主要株主 ラオックス(株) 100%
特記事項:宮城県仙台市で創業。上記データは2012年現在のもの[1]
テンプレートを表示

株式会社庄子デンキ(しょうじデンキ)は、「電激倉庫」(でんげきそうこ、電撃ではない)の店名で東北地方家電量販店チェーンを展開していた、ラオックス連結子会社。家電量販事業から撤退した現在は不動産賃貸業を行っている。家電量販店時代のキャッチコピー家電流通の革命

概要[編集]

かつて「エルタウン庄子デンキ」と称していたが、1994年から「電激倉庫」という名称を使い始める。2000年7月に、秋葉原を中心に関東地方で展開する家電量販店ラオックスの子会社となった。

ラオックス傘下になった直後は「ラオックス」名の店舗の運営も行っていたが、庄子デンキが運営するラオックス店舗は2003年に全て「電激倉庫」に統一された。そのため、ラオックスから電激倉庫に転換した店舗の中には、ラオックスロゴを併記した物もあった。また、2005年秋頃から、パンフレットや店内ポスター等の販促物で、ラオックスと電激倉庫のロゴを併記するようになった。

最盛期には宮城・山形・福島などに三十数店舗を展開していたが、競争の激化で親会社のラオックスともども不振に陥り、2008年8月31日を以て全店舗を閉鎖した。

家電量販店から撤退して以降は、本社をラオックスと同一地に移し、所有物件の賃貸を中心に事業を行っていたが、2012年12月1日に同じくラオックス子会社の神田無線電機と、神田無線電機を存続会社とする吸収合併を行い、消滅した[1]

店舗壁面に書かれたキャッチコピーの「EDLP」は、Every Day Low Priceの略で、薄利多売をモットーとした昨今の家電量販店の特徴をよく現している。

提供しているサービスや商品はラオックスとほぼ同一だったが、一部の店舗ではラオックスでは扱いのない中古ゲームソフトも扱っていた。小規模店舗を中心とした店舗展開を行っていたため、品揃えは他のチェーンと比べて少なく、パソコンの場合、ほとんどの店舗では売れ筋のノートパソコンのみの現品展示で、デスクトップパソコンは取り寄せとなることが多かった。

閉鎖された店舗の一部はゲオなどに譲渡された。

沿革[編集]

  • 1954年 - 仙台市で電気器具の修理店として創業
  • 1955年 - 「庄子電気商会」として小売を始める。
  • 1960年4月 - 会社設立。
  • 1994年 - 豊富な品ぞろえと低価格を前面に出した「電激倉庫」に順次、店舗を切り替える。
  • 2000年4月 - ラオックスを引受先とした第三者割当増資を実施し、71%の株式を取得した同社の傘下に入る。
  • 2003年 - 全店舗が「電激倉庫」に統一
  • 2008年
    • 7月19日 - ラオックスが大幅赤字の解消を目的とした不採算店舗の閉店を進めるために、庄子デンキが経営する全店舗の閉鎖を労働組合側に通告。
    • 8月31日 - この日をもって、庄子デンキが経営する全店舗、営業終了[2]
  • 2012年12月1日 - 神田無線電機株式会社を存続会社とする吸収合併を行い消滅[1]

店舗展開[編集]

電激倉庫相馬店
※現在はツルハドラッグ相馬南店

1981年頃から宮城県内では初となる家電量販店によるテレビショッピングを始め、宮城県下に庄子デンキの名を浸透させた。

1985年頃にはパソコン専門店(コンピュータ中央店(仙台市青葉区))を地域でいち早く開店し、デンコードー仙台本店とパソコン販売における激戦を繰り広げた。

コンピュータ中央店を皮切りに各地区でパソコン販売を開始し、石巻本店・古川店・気仙沼店・岩沼店・山形本店(エルタウン七番街)・酒田店・郡山安積店・郡山中町店にて各々の地域でいち早くパソコン販売体制を確立。

1987年頃には配送センターおよび本社屋を新築し、宮城県下のロジスティックシステムを構築していった。

  • この当時、仙台市内だけでも長町本店・長町鍋田店・大学病院前店・コンピュータ中央店・オーディオ中央店・中央店・宮城野店・泉中央店(仙台市地下鉄開業後)長命が丘店・泉バイパス店・幸町店の11店舗を展開していた。
  • また、かつて「三遊館」というゲームショップも展開していた。
  • 福島県福島市においては株式会社粉又と提携し「エルタウンコナマタ」を展開していた。

宮城県内でフランチャイズ店舗も展開していた。

  • 宮城野店
  • 高砂店(みやぎ生協内・ちなみにみやぎ生協内に出店した店舗には他に渡波店があった)
  • 塩竈店
  • 中央店
  • オーディオ中央店
  • 志津川サンポート店(南三陸町
1990年代初頭に、地元の家電販売店が移転した跡地に出店。店舗前には「エルタウン 庄子デンキ」の横長の看板が掛けられ、閉店した後も暫く残されていた。庄子デンキ跡地には地元の本屋が出店したが、呉服屋があった別のスペースに移転(数年後に閉店。但し、雑誌の取り扱いは別の場所で再開した)。その後、隣接する玩具店だったスペースと併せ、100円ショップシルクが入居したが、2011年東日本大震災による津波で建物が被害を受け、翌年取り壊された。

このほか、北上店(北上市北鬼柳、1999年6月開店)・水沢店(奥州市水沢区佐倉河、2000年10月6日開店[3])・弘前店(弘前市大町ジョッパル」4階、2001年5月26日開店[4]2004年2月15日閉店)・山形店(山形市高堂[5]2001年7月6日開店)は庄子デンキが親会社となっていたラオックスの店舗として運営していた。2003年までに弘前店を除き、店名が「電激倉庫」に変更されている。

CM・広告[編集]

  • エルタウン時代もテレビCMを打っていたが、「電激倉庫」になってからは江頭2:50電撃ネットワーク角田信朗といった全国区のタレントを起用した奇抜なCMを展開していた。2006年頃以降にはテレビCMは放映していなかった。
  • 「電激倉庫」当初はチラシによる広告展開はなかったが、その後は他社と同様にチラシによる広告展開を行っていた。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c “連結子会社間の合併に関するお知らせ” (プレスリリース), ラオックス, (2012年9月28日), http://www.laox.co.jp/laox/press2012/20120928_2.pdf 2012年9月28日閲覧。 
  2. ^ 子会社における事業見直しについて (PDF) 株式会社ラオックス・2008年7月22日プレスリリース
  3. ^ “岩手県に初出店 10月6日(金)、水沢店がオープン” (プレスリリース), ラオックス, (2000年9月27日), http://www.laox.co.jp/laox/press2000/000927.html 2011年1月20日閲覧。 
  4. ^ “ラオックス・弘前店 開店に関する報道資料” (プレスリリース), ラオックス, (2001年5月25日), http://www.laox.co.jp/laox/press2001/010525.html 2011年1月15日閲覧。 
  5. ^ パッケージ製品/東北地区”. デザインのポータルサイトDEX WEB. デザインエクスチェンジ. 2011年2月11日閲覧。

関連項目[編集]