電波監理局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

電波監理局(でんぱかんりんきょく)

1. 旧郵政省の内部部局。

1952年(昭和27年)8月1日に電波監理委員会が廃止された際に、事務局であった電波監理総局が移行した。 1984年(昭和59年)7月1日に電気通信政策局との2局が再編され、通信政策局、電気通信局および放送行政局の3局となった。

電気通信局を参照。

2. 旧電波監理委員会および旧郵政省の地方支分部局。

1950年(昭和25年)6月1日の電波監理委員会発足の際、全国10か所に配置されていた電波庁地方機関の地方電波管理局が、電波監理総局の地方機関として地方電波監理局となった。 総称として地方電波監理局と呼称するが、個別の局名称には地方を付さない。 1985年(昭和60年)4月1日に地方電気通信監理局と改称された。

総合通信局#沿革を参照。