電気通信大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
電気通信大学短期大学部
大学設置/創立 1953年
廃止 1992年
学校種別 国立
本部所在地 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
学部 電子情報学科第二部
 電波通信学科第二部[1]
 通信工学科第二部[1]
電子工学科第二部
研究科 通信専攻第二部
テンプレートを表示

電気通信大学短期大学部(でんきつうしんだいがくたんきだいがくぶ、英語: Junior College of Electro-Communications[2])は、東京都調布市調布ヶ丘1-5-1に本部を置いていた日本国立大学である。1953年に設置され、1992年に廃止された。大学の略称は電通大短大。学生募集は1987年度まで。1988年度より電気通信大学夜間主コースの設置により短期大学は学生募集を停止し、1992年3月31日廃止[3]

概要[編集]

大学全体[編集]

学風および特色[編集]

  • 開学当初から夜間部のみとなっており、とりわけ勤労学生に対する教育に力をいれていた様子がうかがえる。

沿革[編集]

  • 1953年9月 電気通信大学短期大学部開学。電波通信学科第二部を置く。
  • 1954年 学生数:115[4]
  • 1958年 通信工学科第二部を増設(学生数:男39[5])。
  • 1966年 電子工学科第二部を増設(学生数:男33[6])。
  • 1984年 電波通信学科(80名)と通信工学科(80名)を統合し電子情報学科(120名)とする。電子工学科の定員を(80名→120名)とする。
  • 1986年 電波通信学科・通信工学科が廃止される。
  • 1987年 学生受入れが最後となる。学生総数は電子工学科で395(うち女子13)、電子情報学科で14(全て男子)[7]
  • 1992年3月31日全学科、正式に廃止される[3]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1

象徴[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 電子情報学科第二部:120 名
    • 電波通信学科第二部:80名[1]
    • 通信工学科第二部:80名[1]
  • 電子工学科第二部:120 名

専攻科[編集]

  • 通信専攻第二部

別科[編集]

  • なし

学生生活[編集]

学園祭[編集]

  • 電気通信大学短期大学部の学園祭は「調布祭」として電気通信大学と混合で行われていたものと思われる。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

歴代学長

出身者[編集]

施設[編集]

[編集]

対外関係[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

  • 在学生の大半は勤労学生だったが、一般企業や官公庁などに就職した人もいた。

編入学・進学実績[編集]

  • 電気通信大学への編入学制度があった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 学生募集は1983年度入学生まで。1986年3月31日付けで正式廃止。
  2. ^ Ci.Niiより
  3. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』241頁より。
  4. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)1369頁より。
  5. ^ 昭和34年度版『総覧』15頁より。
  6. ^ 昭和42年度版『総覧』24頁より。
  7. ^ 昭和63年度版『総覧』40頁より。