電子メール活用能力検定試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
電子メール活用能力検定試験
実施国 日本の旗 日本
資格種類 公的資格[1]
分野 コンピュータ・情報処理
試験形式 CBT
認定団体 日本商工会議所
公式サイト http://www.kentei.ne.jp/mail
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

電子メール活用能力検定試験(でんしめーるかつようのうりょくけんていしけん)は、日本商工会議所が主催する、検定である。

概要[編集]

  • 社内の業務連絡や企業間の文章のやりとりのための一般的な手段となった電子メールについて、適切な利活用のための知識・技術を習得することを目的としている。[2]
  • 試験は全てCBTによって行われ、試験終了後即時、合否判定と結果の通知を行う。
  • 試験は全国のネット試験会場にて行われ、実施日・実施回数も会場ごとに決定している。

試験会場[編集]

  • 主催団体が認定した大学、専門学校、パソコンスクールなどの教育機関や企業が試験会場となる。

参考書[編集]

  • 電子メール活用能力検定メール学習ガイド(日本商工会議所)[3]

脚注[編集]

  1. ^ 商工会議所法第9条第9号
  2. ^ 「電子メール活用能力」 日本商工会議所、2015年8月21日閲覧。
  3. ^ 「電子メール活用能力 関連書籍」 日本商工会議所、2015年8月21日閲覧。

関連項目[編集]