電卓付き腕時計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Casio CFX-400 Scientific calculator watch circa (1985年)
µWatch (オープンソースのDIYサイエンティフィック電卓付き腕時計)

電卓付き腕時計(でんたくつきうでどけい)は、電卓を内蔵したディジタルブレスレットである。普通は時計がある面にボタンがとりつけられている。1970年代に初めて登場し1980年代に人気のピークを迎え、現在でも作られている。最も有名なブランドはカシオ・データバンクのシリーズであるが、タイメックスのものも人気があった。

歴史[編集]

電卓付き腕時計は、1970年半ばに初めてパルサー(1975年。後にハミルトンの1ブランドとなった)[1][2]ヒューレット・パッカードのものが登場した。パルサーやタイメックスなど、いくつかの時計メーカーも製造してきたが、これらはボタンの大きさが小さく、ペン先でボタンを押して操作することが想定されていた。

1980年2月、日本のエレクトロニクス会社のカシオが、世界初の指でボタンが押せるモデル「C-80」を発売。その後も多くのモデルを製造し、電卓機能だけでなく、予定、名前、住所、電話番号も保存することができるデータバンクを製作した。

大量生産の電卓付き腕時計は1980年代初頭に登場し、ほとんどが80年代半ばに生産された。

将来[編集]

実用的で便利な電子デバイスとしての電卓付き腕時計の将来は、PDA携帯電話やその他の有力な多機能コンパクトコンピュータデバイスの導入に影響を受けている。その結果、多くの電卓付き腕時計は見た目を良さを目的に使われている。

その他[編集]

  • Nelsonic game watch - 付けている人がミクロビデオゲームをできる多目的腕時計。これらの機器は、電卓付き腕時計の技術により産み落とされたものであり、この特許を用いて特許申請された。
  • 2010年代に導入されたスマートウォッチは見た目・機能ともに電卓付き腕時計と似ているが、その能力はずっと上である。

参考文献[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]