零射

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

数学の一分野圏論における零射(れいしゃ、ゼロしゃ、: zero morphism)は特別な種類ので、零対象への射と零対象からの射の性質を併せ持つ。

諸定義[編集]

CC 内の射 f: XY を考える。射 f定値射 (constant morphism) または左零射であるとは、C の任意の対象 W と任意の射の対 g, h: WX に対して fg = fh を満たすときに言う。双対的に、f余定値射 (coconstant morphism) または右零射であるとは、任意の対象 Z ∈ ob(C) と射の対 g, h: YZ に対して gf = hf を満足するものを言う。零射は左零かつ右零な射である。

零射を持つ圏 (category with zero morphisms) は、対象の各対 A, BC に対して一つの射 0AB: AB が存在して、以下の図式

零射

を任意の対象の組 X, Y, ZC と任意の射 f: YZ, g: XY に対して可換にする。

この射 0XY は零射でなければならず、零射からなる可換な系を成す。

零射を持つ圏 C の零射 0XY 全体の成す集まりは一意である[1]

この場合、「零射」と「零射を持つ圏」という呼称とはそれぞれ無関係に定義されるものではあるが、しかし各射集合が「零射」を持つ圏は「零射を持つ圏」になる。

[編集]

  • 群の圏(や加群の圏)において、零射は準同型 f: GH であって G の任意の元を H単位元に写すもの(零準同型)である。群の圏の零対象自明群 1 = {1} でこれは同型を除いて唯一であり、任意の零射は 1 を経由して f: G1H と分解できる。
  • より一般に C零対象 0 を持つ圏ならば、対象の各対 X, Y に対して一意な射の列 0XY: X0Y が存在する。この射全体の成す族は C に零射を持つ圏の構造をもたらす。
  • 前加法圏 C の任意の射集合 Mor(X,Y)アーベル群であるから、零元がある。それら零元の全体は C の零射からなる可換族を成し、C は零射を持つ圏となる。
  • 集合の圏集合とその間の写像を射とする圏)Set零対象を持たないが、空集合 始対象にもつ。ゆえに Set の右零射は存在して、各集合 X に対する空写像 ∅ → X がそうである。

関連概念[編集]

C零対象 0 を持つならば、対象の各対 X, Y ∈ ob(C) に対して標準的な射の対 f: X0, g: 0Y が存在するから、合成射 gfMorC(X, Y) に属する零射になる。ゆえに任意の点付き圏(零対象を持つ圏)は合成射 0XY: X0Y で与えられる零射を持つ圏である。 

圏が零射を持つならば、その圏における任意の射に対する余核の概念が定義できる。

参考文献[編集]

  • Section 1.7 of Pareigis, Bodo (1970), Categories and functors, Pure and applied mathematics, 39, Academic Press, ISBN 978-0-12-545150-5 
  • Herrlich, Horst; Strecker, George E. (2007), Category Theory, Heldermann Verlag .

[編集]

  1. ^ Category with zero morphisms - Mathematics Stack Exchange”. Math.stackexchange.com (2015年1月17日). 2016年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]