雲晴寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雲晴寺
本堂
本堂
所在地 兵庫県明石市人丸町5-23
位置 北緯34度38分55.9秒
東経134度59分59.1秒
山号 月江山
宗派 曹洞宗
本尊 釈迦牟尼仏
法人番号 8140005005592
テンプレートを表示

雲晴寺(うんせいじ)は、兵庫県明石市にある曹洞宗の寺院。山号は月江山。本尊は釈迦牟尼仏

歴史[編集]

この地にあった寺が「雲晴寺」と名付けられる以前の名称は不明であるが、1613年慶長18年)に堂がわら葺きから瓦葺きに葺き替えられたと伝承されている。

1639年寛永16年)、明石藩大久保忠職とその姉桃源院(東丸様、元安房館山藩里見忠義正室)は、不遇の死を遂げた忠義の菩提を弔う為、ここにあった寺院の伽藍を整備し寺領を増やして供養を行い、里見忠義の法名「雲晴院殿心窓賢涼大居士」からとって雲晴寺と名が改められた[1]。これに際し、忠職の旧領地であった美濃加納岐阜県)より能山侃藝大和尚を招いて開山に据えた。開基は牧野家とされている。

天和2年(1682年)に越前大野藩から明石に入封した松平直明は、嫡母(父松平直良の正室)である清光院(豊姫、本多成重の娘)の位牌を雲晴寺に納めて永代供養を願い、清光院の実家である本多家の「丸に立ち葵」の家紋を与え雲晴寺の寺紋となった。

本堂裏には戦前まで宮本武蔵作と伝えられる庭があったが、1945年(昭和20年)7月の大空襲によって雲晴寺は山門を残して全焼し、庭も戦後復興の過程で埋められた。2003年(平成15年)、本堂建設に伴う発掘調査により庭園の一部が見つかり復元。その後武蔵の孫弟子にあたる柴任三左衛門夫妻の墓石が発見され、武蔵ゆかりの寺院の裏付けが濃くなった。

明石藩家老職を務めた織田家津田家をはじめ、多くの藩士たちの菩提寺であった。戦前は鐘楼堂奥の院茶室坐禅堂など伽藍が整った広大な寺領を持つ寺院であった。 又、初代内閣総理大臣、伊藤俊輔(伊藤博文)は慶応2年(1866年)その当時の住職が長州藩の武士出身だった縁で雲晴寺に滞在、幕末の重大な役目を担っていたと言われている。

境内[編集]


交通アクセス[編集]

付近施設[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]