雲南陸軍講武堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雲南陸軍講武堂正門
Kunming Yunnan Lujun Jiangwutang Jiuzhi 2014.09.26 18-26-32.jpg

雲南陸軍講武堂(うんなんりくぐんこうぶどう)は、末の雲南省に創設された軍事学校。中華民国の時代になると、雲南陸軍講武学校と改称された。雲南講武堂と略称されることもある。

概要[編集]

1908年光緒34年)に設立準備が開始され、翌年8月、昆明の翠湖において開学した。総弁(校長)は高爾登、胡景伊李根源らが務めている。甲乙丙の3班で構成され、後に特別班が増設された。兵科は、歩兵・騎兵・砲兵・工兵の4科があった。学習期間は、1年半と2年半の2種類で、後者は特別班である。特別班では、国文・倫理・器械画・算術・地理・歴史・英語・フランス語・歩兵操典・射撃教範などをまず学び、1年後、兵科ごとに分けられ、専門的に軍事を学んだ。

雲南陸軍講武堂の教官・学生には、中国同盟会に所属する者が多く、また、日本陸軍士官学校卒業生の教官も目立つ。1911年宣統3年)10月、武昌起義に呼応した昆明重九起義(雲南辛亥革命)では、講武堂の教官・学生たちが革命派の軍隊として蜂起している。講武堂出身者は、雲南派形成においても中核となり、護国戦争(第三革命)でも護国軍の主力を担った。

1912年民国元年)、雲南陸軍講武堂は雲南陸軍講武学校と改称され、唐継尭顧品珍何応欽竜雲らが校長を歴任している。22期にわたり学生を輩出し、1927年(民国16年)、廃校となった。

主な卒業生としては、竜雲・盧漢ら雲南派の軍人たちだけでなく、中国共産党朱徳葉剣英といった中国人民解放軍創設者たちもあげられる。また、昆明市五華区にある陸軍講武堂の建物は近年修復され、一般にも公開されている。

参考文献[編集]

  • 雲南辞典編輯委員会編 『雲南辞典』 雲南人民出版社、1993年ISBN 7-222-01264-8
  • 王新生ほか主編 『中国軍閥史詞典』 国防大学出版社、1992年ISBN 7-5626-0244-1

座標: 北緯25度03分03秒 東経102度41分58秒 / 北緯25.05083度 東経102.69944度 / 25.05083; 102.69944