雲仙山尚敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

雲仙山 尚敏(うんぜんやま なおとし、1938年7月3日 - )は、長崎県南高来郡加津佐町(現在の南島原市)出身で二所ノ関部屋所属の1960年代に活躍した元大相撲力士。本名は、岩永 尚敏(いわなが なおとし)。現役時代の体格は身長174cm、体重98kg。得意手は右四つ、寄り。最高位は十両7枚目。血液型はB型。

略歴[編集]

  • 1955年1月 初土俵
  • 1960年5月 新十両
  • 1963年5月 引退

戦績[編集]

  • 十両成績:44勝61敗(7場所)

エピソード[編集]

  • 1962年1月場所10日目から千秋楽まで、弓取式を務めた経験がある。