雲ノ平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

地理院地図 Googleマップ 雲ノ平の位置図

三俣蓮華岳からの雲ノ平。後方は薬師岳

雲ノ平(くものたいら)は、富山県富山市有峰の飛騨山脈(北アルプス)黒部川源流部に位置するなだらかな溶岩台地中部山岳国立公園内にあり、山域はその特別保護地区になっている[1]。別名は、奥ノ平。

概要[編集]

黒部川とその支流である岩苔小谷に挟まれた標高2,500 - 2,700 mの日本で最も高い位置にある溶岩台地で、祖父岳火山 2,825 m) により形成された。面積は25万平方メートル。池塘と岩が点在する高山植物の宝庫であり、それぞれ○○庭園と名付けられた区域がある。北アルプスの最深部に位置するため、どの登山口からでも当日中にたどり着くことが困難であり、「日本最後の秘境」と呼ばれる[2]。上部は森林限界ハイマツ帯で、祖母岳や庭園の一部に木道やベンチが設置されている。

雲ノ平の庭園[編集]

スイス庭園

雲ノ平にある高山植物の群落地には、以下のような8つの名称が付けられている[2]

  • 日本庭園 - 祖父岳の南山腹の第1雪田と第2雪田の間にある
  • スイス庭園- キャンプ指定地のすぐ北側、木道が設置され周囲に池塘と岩が点在、間近に水晶岳が望める
  • ギリシャ庭園 - 雲ノ平山荘周辺
  • 奥スイス庭園 - コロナ観測所の北側
  • アルプス庭園 - 祖母岳山頂部(ベンチが設置されている)にあり、雲ノ平山荘からの木道がある
  • 奥日本庭園 - 祖父岳の北側の薬師沢方面の登山道上で、ハイマツ帯に池塘が点在する
  • アラスカ庭園 - 西端、シラビソ林がありアラスカを思わせる
  • 祖父庭園 - 祖父岳の北西の登山道分岐点、溶岩が多い

雲ノ平の高山植物[編集]

雲ノ平で見られる主な高山植物は以下である[3]

イワイチョウ コバイケイソウ ハクサンイチゲ ハクサンフウロ ワタスゲ
Nephrophyllidium crista-galli Iwaicyou in akausagiyama 2002 6 10.jpg Veratrum stamineum in Mount Kohide 2010-07-01.jpg Anemone narcissiflora in Mount Tsubakuro 2002-07-27.jpg Geranium yesoense var. nipponicum in Mount Haku 2007-07-27.jpg Watasuge.jpg

登山[編集]

登山ルート[編集]

飛騨山脈の最深部に位置し、周辺には植物保護のため木道などによる登山道が整備され、各方面からの多数の登山ルートがある。以下が雲ノ平山荘までの一例である[2][4]折立からのルートが最短ルートである[5]1956年9月に開設された湯俣温泉から三俣山荘までの伊藤新道は荒廃して通行困難となっている[6]

  • 折立より:折立 - 太郎平小屋 - 薬師沢小屋 - アラスカ庭園 - 雲ノ平山荘
※薬師沢小屋から黒部川沿いを下り高天原峠を経由する大東新道もある。
※岩苔乗越からは、黒部川本流の最上流部を通り、祖父岳の南側山腹を通る巻道がある。鷲羽岳へは、黒部ダム方面から赤牛岳を経由する読売新道(読売新聞の事業として、1961年(昭和36年)10月に開設されたルート)の入山ルートもある。
※笠新道の代わりに小池新道のルートもある。双六岳の東側山腹を巻くルートもある。
  • 西鎌尾根槍ヶ岳 - (西鎌尾根) - 樅沢岳 - 双六小屋 - 双六岳 - 三俣蓮華岳 - 三俣山荘 - 鷲羽岳
槍ヶ岳へは、中房温泉からの表銀座上高地や新穂高温泉などからの入山経路がある。

2009年9月23日放送のNHK総合テレビジョン特別番組『夏の北アルプス あぁ絶景!雲上のアドベンチャー』では、登山家田部井淳子とアナウンサーの内多勝康立山から穂高岳へのジャンダルム縦走登山を行い2009年8月3日と4日に雲ノ平山荘に宿泊し、雲ノ平を歩く様子が紹介された[7][8]

周辺の山小屋[編集]

雲ノ平山荘

周辺には以下の山小屋がある[4]

名称 所在地 標高
m
収容
人数
キャンプ
指定地
備考
雲ノ平山荘 雲ノ平・ギリシャ庭園 2,550 70人 50張
三俣山荘 鷲羽岳と三俣蓮華岳との鞍部 2,550 70人 70張
水晶小屋 裏銀座縦走路の水晶岳への分岐 2,900 30人 なし 赤岳山頂直下の北側
薬師沢小屋 黒部川本流の薬師沢出合 1,940 60人 なし
高天原山荘 高天原・岩苔小谷右岸 2,050 50人 なし 北側に高天原温泉がある。

雲ノ平山荘[編集]

雲ノ平山荘は、1961年に三俣山荘の経営者であった伊藤正一が建築した山荘である。初代の山荘は老朽化のため2009年に取り壊され、現在の山荘は2010年に建設された二代目である。定員70名[9][10]。雲ノ平のほぼ中央の高台に位置する。700 mほど東方に、キャンプ指定地(テント約50張り、給水施設あり)がある[11]。その北側の標高点 (2,576 m) のピーク直下南東には無人のコロナ観測所がある[2]

周辺の山[編集]

雲ノ平の風景[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中部山岳国立公園区域の概要 環境省、2011年1月9日閲覧。
  2. ^ a b c d 『ヤマケイ アルペンガイド 上高地・槍・穂高』山と渓谷社、pp.248-269, ISBN 4-635-01319-7
  3. ^ 花の山旅⑥ 槍ヶ岳・雲ノ平』山と渓谷社、2000年、pp.90-91, ISBN 4-635-01406-1
  4. ^ a b 『剱・立山 (山と高原地図 36) 』昭文社、2010年、ISBN 978-4-398-75716-6
  5. ^ NHKデジタル衛星ハイビジョンのテレビ番組『週刊 日本の名峰 黒部源流 鷲羽岳』で、鷲羽岳への登頂ルート上の雲ノ平が紹介された。NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK, 2011年1月9日閲覧。
  6. ^ 『新日本山岳誌』日本山岳会(編)、ナカニシヤ出版、2005年、p.925, ISBN 4-779-50000-1
  7. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 NHK, 2011年1月9日閲覧。
  8. ^ 北アルプス縦走 NHK名古屋放送局金とく』、2011年1月9日閲覧
  9. ^ 雲ノ平 特集 | 特集 | 北アルプス黒部源流 | 三俣山荘・雲ノ平山荘・水晶小屋
  10. ^ 『北アルプス山小屋物語』東京新聞出版局、1995年、pp.211-218, ISBN 4-8083-0374-4
  11. ^ 雲ノ平山荘の紹介 黒部源流雲ノ平 三俣山荘・雲ノ平山荘・水晶小屋・湯俣山荘公式サイト、2011年1月9日閲覧。

関連項目[編集]