雪板

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 雪板
起源 2010年代
日本
特徴
カテゴリ 雪上競技、雪上遊戯
テンプレートを表示

雪板 (ゆきいた) は、サーフィンスケートボードのように横向きになって板に乗り、バインディングのような留め具で足を固定せず、金具もエッジもなしに[1]雪の斜面を滑る遊び、スポーツである。また、ボードそのものの呼称でもある。

概要[編集]

スキースノーボードそりなどと同様に、雪の上で行うウインタースポーツである。

歴史[編集]

スノーボーダーの五明淳の発案といわれ[2]、雪山を1枚の板で滑ることが2010年代に長野や山形の豪雪地帯で行われるようになった。

ボード[編集]

1枚の板の滑走面に進行方向に真っ直ぐなラインが入っている。 コア材には、木材が使われるのが一般的であり、エッジはない。

ブーツ[編集]

ボードとブーツは繋がない。 リーシュコードという流れ止めの紐をボードに接続して手に持ったり、着衣と結んだりする。

主な競技[編集]

  • 信州雪板合戦[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]