雨緑林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タイの雨緑樹林

雨緑林(うりょくりん)または雨緑樹林(うりょくじゅりん)とは、雨季に緑葉をつけて活動し,乾季落葉する樹種が中心となる森林である。落葉広葉樹林の一。チーク林、モンスーン林、サバナ林、季節風林などともいう。

分布域[編集]

乾季雨季がはっきりと交代する熱帯モンスーン気候サバナ気候の地域に分布する。熱帯多雨林に比べると、木々同士の樹間が広く、樹高は低く、構成樹種も少ない。東南アジア北部、インド亜大陸南米中央部などの、年間降水量1000~2000mm以下、4~6か月の乾季がある地域に分布する。

参考[編集]

関連項目[編集]