雨声会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

雨声会(うせいかい)は、1907年明治40年)6月17日(月曜日)から6月19日(水曜日)までの3日間に、当時の総理大臣西園寺公望が、日本の文学者を神田駿河台の私邸に招き、一夕の歓談をなした宴会のことである。なお、雨声会という名前は後から名づけられた。一国の宰相が文士を招待したのは、明治時代ではこれが最初であったという。

招待された文学者[編集]

一覧

など

  • このとき欠席したのは、夏目、二葉亭、坪内の3人であった。
  • 雨声会は1907年に開かれたものが第1回で、以来数回続いた。
  • 世話役となったのは、竹越与三郎、国木田、巌谷などであった。
  • 当時の新聞によれば、江見水蔭徳富蘆花が選にもれたことを遺憾とし、またいろいろなうわさ話を生じたという。