難解プログラミング言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

難解プログラミング言語 (なんかいプログラミングげんご)とは、意図的に読解が困難なように設計されたプログラミング言語である。英語では、Esoteric programming language (略してesolangとも)と言われる。

基本的には、実用性を目指したものではなく、冗談プログラミング言語の一種で、いわゆるハッカーの間では、この種のジョークはたしなみとみなされており、難解プログラミング言語に区分されるプログラミング言語はいくつも作られてきた。

歴史[編集]

用語[編集]

コミュニティ[編集]

[編集]

  • Brainfuck コンパイラが非常に小さい
  • Befunge 自己変更可能な2次元配列ソースコード
  • INTERCAL
  • KEMURI
  • Malbolge
  • Piet 画像をソースコードとする
  • Pxem 0バイトのファイルでソースコードが記述できる
  • Unlambda
  • Lazy K 純粋関数型言語で、関数を新たに定義する構文はなく、組み込み関数が3つしか存在しない
  • Whitespace 半角スペース・タブ・改行のみでソースコードが作られる
  • Grass w,W,vのみでソースコードが作られる。スタックベースの関数型言語

参考資料[編集]