難波経一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

難波 経一(なんば つねかず、1901年1月11日[1]-1986年2月22日[1])は、大正昭和期の官僚実業家東京府出身。妻直子は男爵岩倉道倶の二女、岩倉具視の孫娘である[2]

経歴[編集]

東京府立一中(後の東京都立日比谷高等学校)、第一高等学校 (旧制)を経て、1924年大正13年)東京帝国大学法学部政治学科卒[2]。大学時代は東京大学運動会ラグビー部所属。

東大卒業後、直に大蔵省入省[3]。同期に古海忠之ら。当初東京税務監督局に勤務、ついで横須賀や神戸の税務署長を歴任したのち満州国に転出し、1933年1月より阿片漸減政策に基づき阿片取扱等を監督する専売公署副署長、専売総局副局長を歴任[2]。1937年11月に冀東政府最高顧問・河北省顧問に就任、その後満州国総務庁参事官を辞して民間に入り、満州電気化学工業常務理事・満州生活必需品配給株式会社取締役・外満州合成ゴム取締役等を経て[3][2]、1943年3月商工省金属回収本部初代本部長に就任する[4]。1944年6月より軍需省燃料局長官、1945年6月同整備局長官[5][6]。戦後は公職追放を経て[7]山陽国策パルプ社長や会長を務めた[1]

戦後の1947年、伊集院浩香山蕃ら、鹿島建設と共に東京ラグビー場(現・秩父宮ラグビー場)建設に尽力し、また、世界で初めての40歳以上のラグビークラブである不惑倶楽部を創設して初代会長(会長在任期間:1948年(昭和23年)3月 〜 1971年(昭和46年)1月)を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『日外アソシエーツ whoplus』「難波経一(山陽パルプ社長,関東ラグビー協会会長)」の項
  2. ^ a b c d 人事興信所編『人事興信録 第14版 下』1943年、ナの部173頁
  3. ^ a b 『朝日新聞』1943年3月25日東京夕刊1頁「難波氏起用の事情」
  4. ^ 『朝日新聞』1943年3月25日東京夕刊1頁「金属回収本部長 難波経一氏を起用」
  5. ^ 『朝日新聞』1944年6月11日東京朝刊2頁「燃料局長に、難波経一氏 軍需省異動」
  6. ^ 『朝日新聞』1945年6月7日東京朝刊1頁「軍需省、地方に中堅起用」
  7. ^ 公職追放の該当事項は「満洲電気化学常務理事」。(総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年425頁。NDLJP:1276156 

外部リンク[編集]