難平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

難平(ナンピン。何品とも)とは、株式など相場の売買手法の一。

買い建てた後に価格が下落した場合、下値で買い増しすることで、1株あたりの買い値(平均取得価格)を下げる手法である。平均取得価格が低くなることで、その後の上げ幅が少なくても、利益が出る・±0・軽微な損失で処分する等が可能となる。これが「ナンピン買い」である。空売りした後で株価が上昇した場合に、上昇後の値段でさらに売り増しする「ナンピン売り」もある。

例:1000円で1株を買い、800円に下落したとき更に1株買えば、平均価格は900円。その後901円まで戻れば利益が出る

期待通りに価格が戻れば上記のように利を得ることができるが、失敗した場合は損失が上乗せされる。

例:上の例で800円から更に下がれば、損は倍の早さで膨らむ。600円での損は難平しなければ-400円、難平すれば-600円。

ナンピンの技法は、取引が損失となる確率を低下させる。しかし結局不成功に終わった場合は、状況しだいで損失額は数倍にまで拡大する。難平は結局、確率上の有利と、損失額における不利の交換に過ぎない。ナンピンが許容されるのは、押し目買いや戻り売りなど相場のメイントレンドに逆らわない一時的な下落・上昇局面のナンピンで、なおかつ全てのポジションが損失に終わったとしても想定内の損切り額になるようポジションを調整し小さく取引する場合に限る。[独自研究?]

ある企業の株価が長期にわたり下落を続け、最終的に倒産したような局面で難平を続けていれば、ただ一回の取引で回復不能の致命傷を蒙る可能性がある。そのため相場格言には「へたなナンピン素寒貧」などナンピンの危険性を警告するものがある。

関連項目[編集]