離間計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

離間計(りかんのけい)は、対象の仲を裂くことで状況を打破する戦術

敵対する親子・兄弟・君臣・同盟といった関係の弱点を密かに突いたり、結びつく要因(人・物・利害)を悟られないように利用したりして心理戦を仕掛けることで、対象となる関係を内部から崩し、漁夫の利を得ようとするものである。

反間計と混同されることがあるが、それぞれ異なる計略である。古今東西で用いられる。

中国[編集]

  • 小説『三国演義』ではたびたび登場する計略である。
  • 三国志』において、賈詡は、馬超・韓遂の連合軍に苦戦する曹操に両者を仲違いさせることを進言し、馬超と韓遂を不和にさせ、連合軍を撃破することに成功した(潼関の戦い)。なお、『三国演義』において馬超は先述の通り、諸葛亮による離間計にもかかっている。
  • 丁奉は、石苞に偽りの手紙を送ることで、武帝の信頼を失わせ失脚させた。
  • 范蠡は、を支える伍子胥を亡き者にするため、彼の政敵であった伯嚭賄賂工作で呉王夫差に讒言を吹きこませ、伍子胥を自害に追い込ませた。

脚注[編集]