雄岡山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
雄岡山
Okkosan.jpg
雄岡山
標高 241.2 m
所在地 日本の旗 日本
兵庫県神戸市西区
位置 北緯34度45分32秒
東経135度01分21秒
座標: 北緯34度45分32秒 東経135度01分21秒
山系 東播台地
雄岡山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

雄岡山(おっこさん・おっこうさん)は、神戸市西区神出町にある標高241.2mのである。東播台地上の独立峰。西に2km離れた雌岡山と対峙し、共にふるさと兵庫100山に選定されている。加古川水系と明石川水系の分水嶺となっている。

Gallery[編集]

交通アクセス[編集]

神戸電鉄緑が丘駅から南へ600mに登山口。

雑事[編集]

  • 山頂からの展望は広い。
  • 山頂に一等三角点を有する。
  • 帝釈天を祀る石の祠あり。
  • 弁慶がこの二山を庭の築山にするため鉄棒を突き刺して持ち去ろうとした[1]が、折れて地面に大穴を開けてしまった。その穴に水が溜まったのが現在の金棒池であるという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山を運ぼうとした弁慶 ~愛すべきヒーローの伝説~ 兵庫歴史ステーション

参考資料[編集]

  • 伊達峰雄 (1983). “雄岡山”. In 神戸新聞出版センター. 兵庫県大百科事典. pp. 410(上). ISBN 4-87521-100-7.