雁金城 (越後国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
雁金城
新潟県
別名 雁ヶ音城、花ヶ崎城
城郭構造 山城
築城主 上杉謙信
築城年 戦国時代
主な城主 上杉氏
遺構曲輪、二の曲輪空堀土塁切岸
指定文化財 史跡未指定[1]
位置 北緯37度10分18.1秒 東経138度22分32.5秒 / 北緯37.171694度 東経138.375694度 / 37.171694; 138.375694座標: 北緯37度10分18.1秒 東経138度22分32.5秒 / 北緯37.171694度 東経138.375694度 / 37.171694; 138.375694
地図
雁金城の位置(新潟県内)
雁金城
雁金城
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:遺構の画像提供をお願いします。2016年11月

雁金城(かりがねじょう)は、現在の新潟県上越市頸城区雁金山にあった日本の城。別名を雁ヶ音城花ヶ崎城ともいう。

概要[編集]

上杉謙信が本城である春日山城を守るために置いた大小約120の支城群の一つで、春日山城に狼煙を使って連絡をする最後の拠点であったとされている。また、花ヶ崎街道越後府中から直峰城に通じる脇街道)を監視する要所にあり、敵の侵入を防ぐ上でも重要な城であった[2]。上杉謙信逝去後の御館の乱の際には、上杉景勝方の武士が守っていた。

雁金城跡には本曲輪、二の曲輪空堀土塁切岸の跡が残っている。

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「上越市の文化財」上越市公式HP
  2. ^ 「雁金城跡」公益社団法人 新潟県観光協会公式HP

関連項目[編集]

外部リンク[編集]