雀聖下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
"雀聖下 The High Sparrow”
ゲーム・オブ・スローンズ』のエピソード
Game of Thrones 2011 logo.svg
話数 シーズン5
第3話
監督 マーク・マイロッド
脚本 デイヴィッド・ベニオフ
D・B・ワイス
音楽 ラミン・ジャヴァディ
作品番号 503
初放送日 2015年4月26日 (2015-04-26)
時間 60 minutes
エピソード前次回
← 前回
黒と白の館
次回 →
ハーピーの息子たち

雀聖下』はHBO(日本ではスター・チャンネルが放送)のファンタジー・ドラマ・シリーズである『ゲーム・オブ・スローンズ』の第5章『竜との舞踏』の第3話である。プロデューサーでもあるデイヴィッド・ベニオフD・B・ワイスによって、原作『乱鴉の饗宴』、『竜との舞踏』に基づいて脚本が書かれ、マーク・マイロッドが監督した。

トメンマージェリーと結婚する。サーセイは七神正教の改革を求めるハイ・スパロウ(雀聖下)を総司祭に任命する。ピーター・ベイリッシュサンサラムジーとの婚約をまとめ、二人はウィンターフェルに着く。ジョンは嫡出子にしようというスタニスの提案を断り、不服従の罪でジャノス・スリントを処刑する。ヴォランティスで、ティリオンジョラーに誘拐される。

あらすじ[編集]

キングズランディングにて[編集]

トメン(ディーン=チャールズ・チャップマン)王とマージェリー・タイレル(ナタリー・ドーマー)は結婚し、初夜を迎える。マージェリーはトメンを操って、キャスタリー・ロック(キャスタリーの磐城)に帰るようサーセイ (レナ・ヘディ)を説得させるが拒否される。サーセイは優しい姑を装ってマージェリーと対決するが、寝室でトメンが情熱的に振る舞う様子を語られて無力感を味わう。

娼館にいた七神正教の総司祭はランセル・ラニスター(ユージーン・サイモン英語版)と仲間の〈雀〉たちに襲われ、罪人と罵られながら裸で通りを歩かされる。総司祭は、〈雀〉たちの指導者の雀聖下(ジョナサン・プライス)を処刑するよう小評議会に求める。だがサーセイは雀聖下に会って処刑はしないと言い、投獄した総司祭の後任を雀聖下にすると言う。城に帰り、サーセイはクァイバーン(アントン・レッサー)にベイリッシュあての手紙を書かせる。クァイバーンが書く間、手術台の上のグレガー・クレゲインの遺体がうごめく。

北部にて[編集]

リーク(アルフィー・アレン)がウィンターフェルの中庭を歩く中、労働者たちが城を修理する。シオンは皮を剥がれた死体が中庭につるされるのを見ておののく。ルース・ボルトン(マイケル・マケルハットン)とラムジー(イワン・リオン)に給仕し、もしスターク家の旗主が反抗した場合、ボルトン家の軍勢は十分でないと立ち聞きする。ルースは、婚姻で同盟を結ぶのが賢明だとラムジーに言う。

モウト・ケイリンで、ピーター・ベイリッシュ(エイダン・ギレン)はラムジーとの婚姻をまとめたとサンサ(ソフィー・ターナー)に言う。サンサは兄と母を殺したボルトン家に嫌悪感を持つが、復讐の機会になるとピーターに言われて変心する。二人はウィンターフェルに着き、ルースと妻のウォルダ(エリザベス・ウェブスター英語版)、そしてラムジーに出迎えを受ける。ラムジーは決してサンサを傷つけないとピーターに誓い、そこにルースがやって来て話し合いに加わる。ピーターは、タイウィン・ラニスターが死にマージェリー・タイレルが王妃になった今、ラニスター家はもはや脅威ではないと言う。ルースは疑いを捨てきれず、サーセイがピーターに送った手紙を見せる。ピーターは同盟を確認するが、ルースは返事を読みたいと言う。

ブライエニー(グェンドリン・クリスティー)とポドリック(ダニエル・ポートマン英語版)は密かにピーターとサンサをつけている。ポドリックは、ティリオンに仕えるようになった成行を語り、ブライエニーは若いころにレンリー・バラシオンに優しくされて奉仕を決めた経緯を話す。ブライエニーは、スタニス・バラシオンがレンリーの死を招いたと信じ、復讐のためにスタニスを殺すことを誓ったと言う。

〈壁〉にて[編集]

〈冥夜の守人〉(ナイツ・ウォッチ)の総帥となったジョン・スノウ(キット・ハリントン)は、嫡出子のジョン・スタークにするというスタニス・バラシオン(スティーヴン・ディレイン)の提案を固辞する。スタニスは、2週間以内に軍を率いて〈壁〉を離れウィンターフェルを攻めるつもりであり、〈野人〉の処分はジョンに任せると言う。食堂で、ジョンはサー・アリザー・ソーン(オーウェン・ティール英語版)を哨士長に任命し、ジャノス・スリント(Dominic Carter)を〈灰色の盾〉(グレイガード)廃城の指揮官とする。スリントは拒否してジョンを侮辱し、ジョンはスリントを自ら斬首する。これを見たスタニスは賛意を示してうなずく。

ブレーヴォスにて[編集]

アリア(メイジー・ウィリアムズ)はジャクェン・フ=ガー(トム・ヴラシア)が男に水盤から水を飲ませるのを見る。アリアはジャクェンに近づき、〈顔のない男たち〉となるための訓練を望む。ジャクェンは『ヴァラー・ドハーリス』(人はみな仕えねばならない)という一節を思い出させ、アリアは自分自身に仕えようとしていると非難する。アリアは水を飲んだ男が死ぬのを目撃し、水盤の水は安楽死を求める者たちのための毒であることがわかる。2人の下男が死体を片づけるが、死体をどこに運ぶのか問うアリアを無視する。

後に、アリアのもとに〈浮浪児〉(フェイ・マーセイ英語版)が来て、誰なのか問う。アリアは誰でもないと答えるが、〈浮浪児〉は満足せずにアリアを叩く。ジャクェンが現れて争いを止めるが、アリアが〈ニードル〉で浮浪児を攻撃しようとするのに気付き、誰でもないのなら、なぜアリア・スタークの持ち物に囲まれているのかと問う。アリアは持ち物を波止場に運び、水に投げ入れる。だが〈ニードル〉を捨てることはできず、岩の下に隠して〈黒と白の館〉に戻る。ジャクェンはアリアを地下の部屋に連れて行き、〈浮浪児〉と共に死体を洗わせる。

ヴォランティスにて[編集]

ヴォランティスに着いたティリオン(ピーター・ディンクレイジ)は、ヴァリス(コンリース・ヒル)を説き伏せて馬車を降りて通りを歩く。二人は〈紅の祭司〉(福島リラ)が、奴隷たちにデナーリス・ターガリエンが救世主であると説くところを見る。祭司がティリオンに気付くと、二人は娼館に隠れる。ティリオンは娼婦と話をするがセックスをする気分ではなく、小便するために部屋を出る。ティリオンはジョラー・モーモント(イアン・グレン)に誘拐され、クイーン(女王または王妃)のもとに連れてゆくと言われる。

評判[編集]

視聴者数[編集]

『雀聖下』は合衆国での初回放送で671万人に視聴され、18-49歳の視聴層では3.5%の視聴率となった[1]

[編集]

本エピソードはプライムタイム・エミー賞のプロダクション・デザイン賞現代劇/ファンタジードラマ部門(1時間以上)を受賞した。

参照[編集]

  1. ^ Bibel, Sara (2015年4月28日). “Sunday Cable Ratings: 'Game of Thrones' Wins Night, NBA Playoffs, 'Real Housewives of Atlanta', 'Silicon Valley', 'Mad Men' & More”. TV by the Numbers. 2015年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]